北条幻庵覚書(ほうじょうげんあんおぼえがき)

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 128405

概要

北条幻庵覚書左側
北条幻庵覚書 左側
北条幻庵覚書右側
北条幻庵覚書 右側


世田谷区指定有形文化財(古文書)

平成10年11月25日指定

所在 東京都世田谷1丁目29番18号 世田谷区立郷土資料館

(開館時間、休館日は郷土資料館のページをご確認ください。)

室町時代

点数 巻子本1巻

附 吉良義房修補奥書

解説

北条幻庵は、北条早雲の第三子で、幼くして仏門に入り、長じて箱根権現金剛王院の別当職をつとめました。法名は長綱、のち臨済宗風に幻庵宗哲とあらためています。この覚書は世田谷城主吉良氏朝に嫁ぐ、北条氏康の娘・鶴松院に幻庵が書き与えたものです。内容は、夫や姑の呼び方にはじまり、婚礼の式や家臣への心配りなど多岐にわたります。更に諸人への対応のしかたから年中行事、日常生活のたしなみなどにいたるまで事細かに諭しています。

文化財一覧にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039