石井家文書(いしいけもんじょ)

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 129097

概要

石井家文書
石井家文書

世田谷区指定有形文化財(古文書)

平成21年12月10日指定

所在 東京都世田谷区世田谷1丁目29番18号 世田谷区立郷土資料館

(開館時間、休館日は郷土資料館のページをご確認ください。)

江戸時代

点数 195点

解説

石井家文書は、そのほとんどが旧大蔵村出身の文人・石井至穀の著作で占められています。

至穀は、安永7年(1778年)、大蔵村の名主を勤める家に生まれました。江戸で学んだのち大蔵村に帰り家督を継ぎますが、これを弟に譲って御家人株を買い、幕臣となります。幕府の編さんする「古今要覧」編集にたずさわり、主任・屋代弘賢から考証学を学びました。自らも数多くの歴史書を著し、74歳で書物奉行となりました。これらの著作は世田谷の郷土史を知る上でも、極めて重要な史料です。

文化財一覧にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039