旧多摩郡大蔵村井山家文書(きゅうたまごおりおおくらむらいやまけもんじょ)

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 128465

概要

旧多摩郡大蔵村井山家文書
旧多摩郡大蔵村井山家文書

世田谷区指定有形文化財(古文書)

平成21年12月10日指定

所在 東京都世田谷区世田谷1丁目29番18号 世田谷区立郷土資料館

(開館時間、休館日は郷土資料館新しいウインドウが開きますのページをご確認ください。)

江戸~明治時代

点数 1,463点

解説

井山家は、旧大蔵村の旧家で、明治13年(1880年)に井山徳次郎が大蔵・鎌田連合村の戸長となりました。

井山家文書には、元名主安藤家などから引き継いだ公的な資料を含め、江戸から明治期に作成された旧大蔵村の基礎資料が数多くあります。最も古いものは万治元年(1658年)に作成された検地帳です。これらの史料は、旧大蔵村の概要を知る上で貴重な文献です。

文化財一覧にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039