旧多摩郡鎌田村名主橋本家文書(きゅうたまごおりかまたむらなぬしはしもとけもんじょ)

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 128448

概要

旧多摩郡鎌田村名主橋本家文書
旧多摩郡鎌田村名主橋本家文書 撮影米畑勝行

世田谷区指定有形文化財(古文書)

昭和60年6月18日指定

所在 東京都世田谷1丁目29番18号 世田谷区立郷土資料館

(開館時間、休館日は郷土資料館のページをご確認ください。)

江戸~明治時代

点数 2,750点

解説

橋本家は鎌田村の年寄、名主役を勤めた家で同家の古文書の点数は2,700点余りにのぼります。古いものでは、正保3年(1646年)「武州多東郡菅苅庄世田谷領之内鎌田村水帳」と、万治2年(1659年)の「鎌田村水帳」がありますが、多くは江戸中期以降明治期までの史料です。租税、村政関係の文書が大半を占めています。

文化財一覧にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039