東京都指定史跡 等々力渓谷3号横穴

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 128627

東京都指定史跡 等々力渓谷3号横穴

等々力横穴2014
等々力渓谷3号横穴

都指定史跡

昭和50年2月6日 指定

〈所在〉 東京都世田谷区等々力1丁目22番 区立等々力渓谷公園

〈年代〉 古墳時代後期(7世紀)

等々力渓谷横穴(墓)群は、等々力渓谷6基以上からなる横穴墓群のひとつで、昭和48年に発掘されています。

横穴墓は全長が13メートルで、崖に横穴を掘った墓室=玄室(げんしつ)・羨道(せんどう)の部分とそこに至る通路である前庭部(ぜんていぶ)にわかれ、横穴部は羨門で区画されています。

墓室内には3体以上の人骨が埋葬され、静岡県湖西地方産の須恵器(すえき)や土師器(はじき)、耳環(じかん)=イヤリング、ガラス小玉などが副葬されていました。

また、2号横穴から出土した土師器は、当時都であった大和(奈良県)で使われていたもので、この横穴に葬られた人物が、都(みやこ)に遥役(ようえき)で働きに行ったことが推定される貴重な資料です。

文化財一覧表にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039