祖師谷大道北遺跡出土独鈷石

最終更新日 平成29年4月1日

ページ番号 128521

祖師谷大道北遺跡出土独鈷石(どっこいし)

石器写真
独鈷石

区指定有形文化財(考古資料)

平成23年12月19日指定

〈所在地〉 東京都世田谷区宇奈根1丁目8番21号

宇奈根考古資料室(通常 非公開)

〈時 代〉 縄文時代後期

石器図
独鈷石実測図

〈寸 法〉 長さ14.3センチメートル、幅3.4センチメートル

重量300グラム

この独鈷石(どっこいし)は、祖師谷大道北遺跡(上祖師谷6丁目)から出土した石器です。独鈷石は、その形が仏具の独鈷に似ていることから名付けられました。

この石器は、縄文時代後期(約3,500年前)から弥生時代中期(約2,000年前)にかけて使われたものです。初めの頃は両側が同じ大きさをしていて、刃がついた実用的な斧(おの)であったと考えられています。本例もまた、刃の先端や中央の凹みには使われた跡がみられます。

さて、独鈷石は、東日本各地から1,000点ほどが出土していますが、東京都内で完全な形での独鈷石の出土例は わずかに数点で、区内では初となります。

本出土例のように、縄文時代晩期の石器が古墳時代(約1,800年前)の住居跡の棚に置かれた状態で出土することは、極めて稀な例といえます。

文化財一覧にもどる

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号 03-5432-2726

ファクシミリ 03-5432-3039