小田急線上部利用の施設配置(ゾーニング構想)

最終更新日 平成25年11月25日

ページ番号 129740

世田谷区では、平成23年2月にまとめた「小田急線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)上部利用計画(世田谷区案)」について、平成23年3月11日の東日本大震災の発生を受け、地域防災等の視点から追加・修正の検討を進めてきました。

このほど、東京都、小田急電鉄との協議、調整をふまえ、小田急小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)鉄道地下化に伴う地上部利用検討会(東京都、鉄道事業者、渋谷区、世田谷区)を経て、上部利用の施設配置(ゾーニング構想)がまとまりました。

今後は、この上部利用の施設配置(ゾーニング構想)を基に、上部利用として整備する施設が地下の鉄道施設に与える影響など、小田急電鉄と技術的な検討と協議等を行って、上部利用計画を決定していきます。

また、区が整備する公共施設については、沿線にお住まいの皆様にもご参加いただきながら、上部利用の整備計画づくりに取り組んでいきます。

なお、公共整備については、連続立体交差事業等 の進捗にあわせ、上部の利用が可能となったところから、段階的に行っていきます。

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

このページについてのお問い合わせ先

北沢総合支所 拠点整備担当課

電話番号 03-5478-8012

ファクシミリ 03-5478-8019