健康づくりを応援します

最終更新日 平成31年3月22日

ページ番号 20952

ワーキング前のストレッチする様子
ストレッチの様子

世田谷総合支所保健福祉センター健康づくり課では、保健師、栄養士、歯科衛生士による健康に関する相談や、健診の機会のない40歳未満を対象とした健康診断、学校や地域の団体に出向いて行う健康教室などを実施しています。

世田谷地域 健康づくり行動計画 (健康教室のご案内・活動紹介・リーフレット配布)

「健康せたがやプラン(第二次)後期」にもとづく世田谷地域版の「健康づくり行動計画」を策定し、普及啓発のイベントの開催や、区民の意見から生まれたリーフレットなどを配布しています。

健康相談

医師、歯科衛生士、栄養士、保健師が健康についてのご相談に応じています。

区民健康診断

職場等で健診の機会のない16歳以上39歳以下の区民で、診断書を必要としない方を対象に健康診査を行っています。費用は一人あたり500円です(生活保護受給者・中国残留邦人等支援給付受給者の方は証明書持参で無料で受診できます)。電話でご予約ください。内容についてはこのページの下部にあるご案内をご覧ください。

(補足)受診者を含む住民票上の世帯全員の前年度住民税が非課税の場合、費用(500円)が免除となりますが、事前に手続きが必要となりますので、お問い合わせください。

食生活相談室

ご自身やご家族の食事全般のチェックや食事の相談を行っています。電話でご予約ください。日程についてはこのページの下部にあるご案内をご覧下さい。

各種健康教室

健康づくり課だけでなく、世田谷地域の出張所・まちづくりセンターや児童館と一緒に健康教室を実施しています。

予防教育 保健師の出前授業

授業のねらい

近年、薬物乱用者の低年齢化が進んでいます。タバコやお酒、薬物に手を出すきっかけの多くは「誘われて」「なんとなく」だと言われています。

世田谷総合支所保健福祉センター健康づくり課では、保健師が管内の小・中学校へ出向き、タバコや飲酒、薬物の害についての健康教育を実施しています。生徒と教員で行うロールプレイ学習では、薬物の誘いから自分の身を守る大切さを生徒自身が考える機会になります。

健康づくり課の薬物乱用予防教育を授業に取り入れてみませんか。

申込方法

授業希望日の3か月前までに電話でお申込下さい。(健康づくり課の事業の都合でお受けできない場合はご了承ください。)

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所保健福祉センター健康づくり課

電話番号 03-5432-2893

ファクシミリ 03-5432-3074