医療的ケア児等を育てる世帯に応援のエールを!

最終更新日 令和3年4月1日

ページ番号 187791

医療的ケア児の笑顔を支える基金について

世田谷区では、医療的ケア児支援の取組みを推進するため、皆さまからいただいた寄附金をもとに「世田谷区医療的ケア児の笑顔を支える基金」を創設しました。

現在進行中の医療的ケア児等ときょうだいを対象とした取組みに対する支援や医療的ケア児等世帯の災害支援体制づくりの取組みに対する支援に加え、令和4年度より医療的ケア児等を対象とする支援事業の開設支援にも広げていく予定です。

医療的ケア児の支援に取り組む背景

医学の進歩を背景として、NICU(新生児集中治療室)等に長期間入院した後、引き続き人工呼吸器等の使用、たんの吸引や経管栄養などが必要な医療的ケア児は2019年に全国でおよそ2万人。医療的ケア児は2006年には全国で1万人ほどと言われていましたので、この十数年間で約2倍に増えたことになります。

人工呼吸器や経管栄養などの医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)を育てる保護者は、毎日様々な介護や医療的ケアに多くの時間を取られるため、医療的ケア児だけでなく、保護者・家族への支援が課題となっています。

医療的ケア児の笑顔を支える基金に寄附をお寄せください

医療的ケア児の笑顔を支える基金は、昨年度皆さまからいただいた寄附金をもとに、さらに広く寄附を募り、医療的ケア児とその家族に対する支援の資金として活用させていただきます。寄附文化の醸成を図るとともに、広く皆さんに医療的ケア児とその家族について知っていただくことを目指しています。皆さまから応援のエールをよろしくお願いします。

基金の使い途

医療的ケア児ときょうだいにキャンプを贈ろう!

医療的ケア児を育てるご家族では、保護者が医療的ケア児の自宅看護などにかかりきりにな

写真1

るため、他の兄弟姉妹(きょうだい)が保護者と一緒に過ごせない淋しい気持ちを我慢したり、家事や介護の担い手になっていたりなど、きょうだいへの支援が課題となっています。

世田谷区では、医療的ケア児ときょうだいの支援のため、医療的ケア児のファミリーをキャンプなどの外出イベント等に招待する事業に取り組んでおり、昨年度は多くの方からたくさんのご寄付をいただきました。

医療的ケア児ときょうだいが外出イベント等を楽しめるようご支援ください。

医療的ケア児のための災害時の“つながり”をつくりたい

写真2

人工呼吸器や経管栄養などが必要な医療的ケア児は、地震や台風などの自然災害の際、電源装置や消毒液・マスク等の衛生用品確保、避難所や在宅避難等の状況に応じた避難など、いくつもの課題に直面します。医療的ケア児を育てる家族への支援のため、災害時の「共助」の支援体制モデルとなる取組みを支援します。ぜひ、みなさんの共助のなかまになって、応援してください。

医療的ケア児等を対象とする支援事業の開設補助

保護者が集える場所、きょうだいと一緒に過ごせる場所など、民間の事業所やNPO等の団体が新たに医療的ケア児を支援するための事業や活動を始めたり、通所施設などを開設する際に必要な経費の一部を助成します。

寄附の手続きについて

(1)インターネットによる申込

決済方法:クレジットカード、マルチペイメント決済、納付書、銀行振込等

※ふるさとチョイス寄附申込手順:PDFファイルを開きます世田谷区内在住の方・お礼の品不要の方PDFファイルを開きます世田谷区外在住の方

リンク先より「東京共同電子申請・届出サービス」の申請フォームへお進みください。

決済方法:納付書、銀行振込

(2)現金持参による申込

障害保健福祉課で受け付けています。事前にご連絡いただくと、スムーズにお手続きができます。
(区役所 第二庁舎1階5番窓口 電話 03-5432-2242)

決済方法:現金

(3)電話・ファクシミリによる申込

障害保健福祉課までお電話またはファクシミリにてご連絡ください。
(電話 03-5432-2242、ファクシミリ 03-5432-3021)

決済方法:納付書、銀行振込

寄附金の税制上の優遇措置について

区へ寄附をいただくと、税制上の優遇措置があり、所得税、住民税等の寄附金控除の対象となります。区外にお住まいの方も、同様の優遇措置を受けることができます。

詳しくは、寄附金税額控除についてをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

障害福祉部 障害保健福祉課

電話番号 03-5432-2242

ファクシミリ 03-5432-3021