風景づくり条例に基づく届出制度

最終更新日 平成31年4月1日

ページ番号 17341

世田谷区は、平成19年12月11日より、景観法に基づく景観行政団体となりました。

そのため、世田谷区風景づくり条例の「届出対象行為」に該当する建設行為等を行う場合は、景観法第8条第4項第2号による規制又は措置の基準として示した「風景づくりの基準」に沿った計画とし、一定規模以上の行為の際は届出をすることが必要となります。

また、届出に伴い、「周辺住民への情報提供」と専門家を交えた「事前調整会議」を行うことになります。

届出の手続き

届出対象行為、手続きの流れ、提出書類、様式など、届出に関する詳細は、PDFファイルを開きます「風景づくり条例に基づく建設行為等の届出の進め方」ワードファイルを開きます「届出書類の様式」をご確認ください。

また、窓口にいらっしゃる際は、お待たせすることがあるため、事前に予約のお電話をお願いいたします(電話番号 03-5432-2039)。

風景づくりの基準の解説

風景づくりの基準のうち、特に解説が必要な基準の「解説や具体的な配慮の方法」を、添付ファイル「風景づくりの手引き-建設行為等における計画編-」「風景づくりの手引き-色彩編」にまとめました。ぜひご活用ください。

風景づくり計画

風景づくり計画は、こちらのページからご確認いただけます。 届出に関する事項は、「第4章建設行為等に関する風景づくり」をご覧下さい。

屋外広告物等に関する協議

建設行為等に加えて、環状7号線及び環状8号線沿道で屋外広告物を計画する場合は、屋外広告物の色彩や大きさ・位置、デザイン、周辺の風景との調和などに関する協議が別途必要です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-5432-2039

ファクシミリ 03-5432-3084