日本脳炎第1期・第2期の接種がお済みでない方へ

最終更新日 令和元年12月6日

ページ番号 34793

日本脳炎定期予防接種について(特例)

日本脳炎予防接種については、旧ワクチン接種後に重症事例が発症したことから、平成17年6月から平成22年3月までの約5年間、積極的な勧奨を差し控えてきましたが、新ワクチンが承認・供給されることになり、現在は勧奨を再開しています。しかしこの影響により、平成7年度から平成18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっていることがあります。

このため、平成23年5月20日に予防接種法施行令が改正され、積極的な勧奨を差し控えていた期間に接種の機会を逃した方々への接種の機会を確保するため、特例措置が設けられています。

対象者

  1. 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ(20歳未満)の方
     日本脳炎第1期3回接種、日本脳炎第2期1回接種の計4回が未接種の場合、20歳になる前まで未接種分を公費(無料)で接種することができます。
  2. 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方
     90か月(7歳6か月)に至るまでの間に日本脳炎第1期の3回接種を完了できなかった場合でも、不足している回数を第2期の対象年齢(9歳以上13歳未満)の間に公費(無料)で接種することができます。
    〈注意〉日本脳炎第2期対象前(9歳になる前)に接種をすると全額自己負担となりますのでご注意ください。

接種方法

上記の1または2に該当する未接種分がある方で、お手元に接種予診票がない場合は、世田谷保健所感染症対策課または各総合支所保健福祉センター健康づくり課までご連絡ください。

〈注意〉生年月日が上記1または2に該当しない方は、特例の対象とはなりません。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 感染症対策課

電話番号 03-5432-2437

ファクシミリ 03-5432-3022