斜面地等における建築物の制限に関する条例

最終更新日 平成27年10月5日

ページ番号 8729

老人ホーム等を建築基準法第52条第5項に基づく地盤面の指定の対象とするため、斜面地条例の一部を改正しました

世田谷区では、斜面地に建築される集合住宅について、周辺の良好な住環境との調和を図るために、建築基準法第50条に基づく階数制限及び同法第52条第5項に基づく地盤面の指定並びに建築基準法第50条に基づき地下のみに設置される独立住戸を原則禁止とする建築条例を定めています。

このたび、高齢者の増加に対応した良質な老人ホーム等の供給を促進するため、高齢者等の入所・入居の用に供する老人ホーム等についても、住宅の容積率算定にあたり地下室の床面積を延べ面積に算入しない建築基準法第52条の特例を適用することとした 建築基準法施行令の改正(平成26年6月公布、平成27年6月1日施行)に伴い、「世田谷区斜面地等における建築物の制限に関する条例」の一部を改正し、同法第52条第5項に基づく地盤面の指定の対象建築物として老人ホーム等の用途に供する建築物を新たに加えました。

改正条例の公布 平成27年10月2日
改正条例の施行 平成28年2月1日
(施行日以降、建築工事に着手する建築物が対象となります)

条例の概要については、下欄の添付ファイルをご覧ください。

斜面地条例についてのお問い合わせは、建築審査課 建築審査担当までお問い合わせください。
電話番号03-5432-2474

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

電話番号 上記お問い合わせ先参照

このページは建築調整課(電話03-5432-2467 ファクシミリ03-5432-3036)が作成しました。