住民税のあらまし

最終更新日 令和元年5月1日

ページ番号 5363

住民税とは、住所を有する個人、法人に対して課税される税金のことをいいます。ここでいう「住民」は、個人だけでなく会社などの法人も含まれます。私たちの身の回りにあるさまざまな公共サービスは、個人だけでなく、法人(会社)が活動するうえで、なくてはならないものだからです。

住民税は、一般的に市町村民税(東京23区では特別区民税という)と道府県民税(東京都では都民税という)を合わせたものをいいます。

個人の住民税は、その年の1月1日現在に住所があったところで、前の年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税されます。以下、住民税について説明をします。

(注意)個人の住民税は、区役所で扱っています。

(注意)法人の住民税は、東京23区では都税事務所で扱っています。世田谷区の法人住民税については、渋谷都税事務所で扱っています。

均等割と所得割

個人の住民税には、均等割と所得割があります。

この均等割と所得割の額を足したものが1年間の税金の額(年税額)になります。

均等割 

均等割とは、前の年に一定以上の所得があった方全員に、均等にかかる税額です。(特別区民税は3,500円、都民税は1,500円)

(注意)平成26年度から令和5年度までの間、「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」の制定に伴い、各地方公共団体が平成23年度から平成27年度に実施する防災のための施策の財源を確保するため、均等割額を引き上げます。(平成25年までの均等割額は、一律4,000円(特別区民税3,000円、都民税1,000円)です。)

所得割

所得割とは、前の年の所得に応じて計算された税額です。

計算方法については、「区税ガイドブック 第3章 住民税について」をご覧ください。

お問い合わせ先

下記の住所地担当係までお願いします。

係名 担当地域 電話番号
課税第1係

池尻(1~3丁目、4丁目1~32番)、上馬、経堂、駒沢(1・2丁目)、桜、桜丘、

三軒茶屋、下馬、世田谷、太子堂、弦巻、野沢、三宿、宮坂、若林

03-5432-2169
課税第2係

赤堤、池尻(4丁目33~39番)、宇奈根、梅丘、大蔵、大原、岡本、鎌田、

北沢、喜多見、砧、砧公園、豪徳寺、桜上水、成城、祖師谷、代沢、代田、

千歳台、羽根木、船橋、松原

03-5432-2174

課税第3係

奥沢、尾山台、粕谷、上北沢、上祖師谷、上野毛、上用賀、北烏山、給田、

駒沢(3~5丁目)、駒沢公園、桜新町、新町、瀬田、玉川、玉川台、

玉川田園調布、玉堤、等々力、中町、野毛、八幡山、東玉川、深沢、

南烏山、用賀

03-5432-2184

ファクシミリはいずれも03-5432-3037

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

電話番号 上記お問い合わせ先参照

ファクシミリ 上記お問い合わせ先参照

このページは課税課が作成しました。