ジェネリック医薬品

最終更新日 平成31年4月1日

ページ番号 151800

かしこく 使おう ジェネリック医薬品 (東京23区国保連携事業)

ジェネリック医薬品とは

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、新薬と同一の有効成分を同一量含み、効き目が同等な医薬品のことです。国の厳しい審査をクリアした医薬品で、効き目はもちろん、安全性も同等です。

ジェネリック医薬品の選択は自己負担の軽減だけでなく、医療費全体の抑制にもつながるため、国も使用を推奨しています。

ジェネリック医薬品の利用について、詳しくはかかりつけの医師、歯科医師、薬剤師にお気軽にご相談ください。

なお、病状や先発医薬品が持つ複数の効能などから、ジェネリック医薬品に変更できない場合もあります。

ジェネリック医薬品の注意点

  • 先発医薬品とジェネリック医薬品の主成分は同一ですが、色・大きさ・形などが異なる場合があります。
  • 1つの先発医薬品に対して、複数のジェネリック医薬品が存在しているため、ジェネリック医薬品の価格に差がある場合があります。そのため、実際の軽減額には幅があります。
  • 薬局には、全てのジェネリック医薬品の在庫があるわけではありません。具体的な銘柄選択については、薬剤師にご相談ください。 なお、お薬を用意するのに時間がかかる場合があります。

注意)医療機関内での処方から院外の薬局での処方に切り替えた場合、お薬によっては医療機関と薬局での支払額の合計が、医療機関内で支払った金額を上回る場合があります。

ジェネリック医薬品に関するお問い合わせ先

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

「くすり相談窓口」

電話番号 03-3506-9457

「ジェネリック医薬品希望シール」をご利用ください

保険証やおくすり手帳などに貼ることができる「ジェネリック医薬品希望シール」を、国保・年金課、各総合支所くみん窓口、出張所、まちづくりセンターの窓口で配布していますのでご利用ください。

ジェネリック医薬品差額通知をお送りしています

世田谷区では「ジェネリック医薬品差額通知」をお送りし、ジェネリック医薬品に切り替えることで軽減される見込み額をお知らせしています。(対象となるお薬をお使いになっていない場合などには、通知は届きません)

ジェネリック医薬品差額通知に関する問い合わせ先

東京都国民健康保険団体連合会

「ジェネリック医薬品差額通知コールセンター」

電話番号 0120-53-0006

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

国保・年金課 保険給付係

電話番号 03-5432-2349

ファクシミリ 03-5432-3038