平和都市宣言

最終更新日 平成28年8月21日

ページ番号 5043

世田谷公園にある「平和の灯」の写真
世田谷公園にある「平和の灯」

世田谷区は、核兵器の廃絶と世界に平和の輪を広げていくことを誓い、戦後40年の日にあたる昭和60年(1985年)8月15日に、国の内外に向けて『平和都市宣言』を行いました。

平和都市宣言(宣言文)

われわれの住む地球上から核兵器をなくし、戦争のない平和な社会を実現していくことは、すべての人びとの願いである。
しかし、いまなお世界の各地では、武力による紛争が絶えず、一方核軍備の拡張競争は一段と激化し、世界の平和に深刻な脅威をもたらしている。
われわれは、人類永遠の平和を樹立するために、核兵器がこの地球上からなくなる日を心から願うとともに、我が国が今後とも核兵器をつくらず、持たず、持ち込ませずの「非核三原則」を堅持していくことを強く望むものである。
世田谷区は、平和を愛する区民の願いにこたえ、核兵器の廃絶と世界に平和の輪を広げていくことを誓い、ここに「平和都市」であることを宣言する。

昭和60年8月15日
世田谷区

このページについてのお問い合わせ先

生活文化部 平和資料館

電話番号 03-3414-1530

ファクシミリ 03-3414-1532