Reduce(リデュース)の取り組み ~フードドライブ・食品ロス対策など~

最終更新日 令和3年2月15日

ページ番号 190021

Reduce(リデュース)とは・・・

Reduce(リデュース)とは、「減らす」という意味の言葉です。

Reduce(リデュース)を意識しごみになるものそのものを「減らす」ことは、ごみの減量に直結します。

ごみの減量には、リデュースが一番の近道ですです。

今日から実践できるリデュースの例

・買い物にマイバッグを持参し、レジ袋をもらわないようにする。

・生ごみの水を切って水分を減らす。

・家や飲食店で料理を残さずに食べきる。

・個包装されていない商品を選ぶ。

Reduce(リデュース)の取り組み

【食品ロスの問題】

組成分析調査における食品ロスの写真

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。日本では、年間約612万トンの食品ロスが発生していると言われています。

「食品ロス」を減らすためには・・・

フードドライブ(未使用食品の回収)

SGDs1番目のロゴSGDs2番目のロゴSGDs12番目のロゴ

フードドライブの食品を窓口で受け取る様子フードドライブの食品を窓口で受け取る様子

家庭で使い切ることができなかった食品を、区内8か所の常設窓口で回収し、福祉施設などで有効活用しています。

詳しくはフードドライブ回収情報をご確認ください。

せたがやエコフレンドリーショップ推進事業

SGDs12番目のロゴSGDs14番目のロゴ

エコフレンドリーショップのロゴエコフレンドリーショップのチラシの画像

食品ロスの削減やプラスチックの削減に取り組む飲食店・小売店をせたがやエコフレンドリーショップとして認定し支援しています。

せたがやエコフレンドリーショップ店舗一覧

(小売店・飲食店の方へ)

せたがやエコフレンドリーショップ登録の申し込み

※この取り組みは、「世田谷プラスチックスマート・プロジェクト」の一環として実施しています。

「(仮称)世田谷区食品ロス削減推進計画」の策定

SGDs12番目のロゴ

食品ロスの削減に向け、世田谷区としての計画を策定します。(令和4年3月に公表予定)

詳しくは(仮称)世田谷区食品ロス削減推進計画の策定についてをご覧ください。

区役所本庁舎に浄水器を設置

SGDs12番目のロゴSGDs14番目のロゴ

区役所第1本庁舎においた浄水器の画像区役所第2本庁舎に設置した浄水器の画像

ペットボトル削減のため、世田谷区役所本庁舎に、マイボトルで給水可能な浄水器を設置しています。

詳しくは区役所本庁舎にマイボトルで給水可能な浄水器を設置中!をご覧ください。

環境学習

SGDs4番目のロゴSGDs12番目のロゴSGDs14番目のロゴ

環境学習の様子(一つ目)環境学習の様子(二つ目)

区内の主に幼稚園・保育園・小学校の園児や児童に、ごみの分別やごみを減らすことの大切さを学んでもらうために、出前講座を実施しています。

詳しくは世田谷区の環境学習をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

清掃・リサイクル部 事業課

電話番号 03-6304-3253

ファクシミリ 03-6304-3341