「食品ロス」を減らす取り組み

最終更新日 令和元年5月24日

ページ番号 132414

「食品ロス」とは?

食品ロスとは、本来食べられるのに廃棄される食品・食材のことです。

日本国内では、食料消費全体の約3割にあたる約2,759万トンの食品廃棄物等が排出されており、このうち、食品ロスは年間約643万トンとされています(環境省の平成28年度推計より)。

世田谷区でも、ここ数年、家庭ごみに含まれる未開封や手付かずの食品が目立つようになってきており、毎年実施している組成分析調査から、可燃ごみの約3%、量にすると年間約5,000トン(清掃車約3,300台分)が廃棄されていると推計されています。

「食品ロス」を減らすために

家庭から出る食品ロスの主な発生理由

  • 期限切れ(消費期限・賞味期限が切れてしまった)
  • 買いすぎ(特売で大量に買った食品を使いきれなかった)
  • 過剰除去(野菜や果物の皮を厚くむいた、肉の脂身を除去したなど)
  • 食べ残し(料理を食べきれなかった)
  • 調理ミス(魚を焦がした、味付けミスなど)

買い物は計画的に

  • 冷蔵庫などの中身をチェックしてから買い物に行きましょう。
  • バラ売りや少量パックなどを活用し、使い切ることのできる量を買いましょう。
  • レシピを考えて買うもののリストを作りましょう。

食べきろう、使いきろう

  • 野菜などの傷みやすい食品は早めに使い切りましょう。すぐに使い切れないときは、ゆでてから調理するなど調理にひと工夫を。
  • 食べきれる量を調理して、作りすぎないようにしましょう。
  • 外食では食べきれる量を注文しましょう。

フードドライブ(未使用食品等の回収)

フードドライブとは、家庭で余っている食品等を持ち寄り、広く地域の福祉団体や施設等に提供するボランティア活動です。

詳細はフードドライブ(未使用食品等の回収)情報をご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

清掃・リサイクル部事業課普及啓発

電話番号 03-6304-3253

ファクシミリ 03-6304-3341