富士山の継続観察

最終更新日 平成31年2月28日

ページ番号 34090

世田谷一丁目にあるビルの6階で、富士山の見え方を継続観察しています。

世田谷区から見える富士山

遠くの景色がよく見えるときは空気が澄んでいる、反対に空気がよどみスモッグがかかり、よく見えないときは空気が汚れている、と推察することができます。このように視覚で大気汚染状況を調べるため、区では、世田谷から約90キロメートル離れた富士山を、世田谷一丁目にあるビルの6階に設置してあるカメラで、毎日9時に自動撮影しています。

見える日は、平成3年からみて、多少増加傾向にあります。1877年(明治10年)には、文京区本郷から富士山が100日見えたという記録があります。

調査結果については、せたがやの環境新しいウインドウが開きますの38ページをご覧ください。

平成29年1月1日の富士山写真
世田谷一丁目のビルから見える富士山

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

環境政策部 環境保全課

電話番号 03-5432-2274

ファクシミリ 03-5432-3062