解体工事等の事前周知

最終更新日 平成31年4月1日

ページ番号 9791

おしらせ

平成31年4月1日より、『建設リサイクル法の届出が必要な建築物等の解体及び改修工事』も、事前周知及び区への報告が必要となりました。様式が一部変更されましたので、ご注意ください。

世田谷区建築物等の解体工事等の事前周知に関する指導要綱

この要綱では、建築物等の解体工事等を行うものが、解体工事等の計画及び石綿(アスベスト)の使用状況や処理について、近隣住民に対して事前周知を行うように定めています。

指導要綱の主な内容

対象となる工事

  1. 騒音規制法または振動規制法に基づく特定建設作業に該当する作業で、建築物等を解体するもの。
  2. 大気汚染防止法に基づく石綿の除去の届け出が必要な作業で、建築物等の解体及び改修工事をするもの。
  3. 建設リサイクル法に基づく届出が必要な作業で、建築物等の解体及び改修工事をするもの。

標識の設置

下記の時期までに標識を設置し、その工事が完了するまで掲示してください。

  1. 「特定建設作業」を伴う解体工事及び「建設リサイクル法」に該当する解体(改修)工事については、工事開始の7日前までに設置してください。
    • 標識は『第1号様式』となります。
  2. 吹付け石綿等を使用した建築物等の解体及び改修工事については、工事開始の14日前までに設置してください。
    • 標識は『2号様式』となります。

近隣への説明

工事開始日から3日前までに、工事計画の内容について、近隣住民に説明してください。

説明する範囲は、解体工事等を施工する建築物等の高さの2倍の範囲(30メートルを超える場合は30メートルの範囲内)となります。

以下の内容を説明してください。

  1. 工期、解体方法、作業時間、作業内容
  2. 騒音、振動、粉じん等に対する公害防止対策
  3. 工事車両の通行経路及び資材、廃材等の搬出経路
  4. 石綿(アスベスト)の使用状況及び使用されている場合の除去方法

区への報告

標識の設置・近隣説明を行いましたら工事開始日の前日までに報告書(第3号様式)を区に提出してください。報告書は2部(正・副)提出してください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

環境政策部 環境保全課

電話番号 03-5432-2274

ファクシミリ 03-5432-3062