中央図書館プラネタリウム

最終更新日 令和4年10月1日

ページ番号 7490

施設の概要

所在地東京都世田谷区弦巻3丁目16番8号
電話番号03-3429-0780
ファクシミリ03-3429-0780
公共交通機関電車
世田谷線 上町駅下車・徒歩10分
田園都市線 桜新町駅下車・徒歩10分
バス
弦巻営業所下車・徒歩1分
東急バス「渋05」系統(渋谷駅~弦巻営業所)
東急バス「黒07」系統(目黒駅~弦巻営業所)
松が丘交番前下車・徒歩5分
東急バス「渋22」系統(渋谷駅~用賀駅)
東急バス「渋23」系統(渋谷駅~祖師ヶ谷大蔵駅)
東急・小田急バス「渋24」系統(渋谷駅~成城学園前駅)
小田急バス「渋26」系統(渋谷駅~調布駅南口)
休館日 第3日曜日および12月28日~1月4日
整備内容等 補聴支援システム(磁気誘導フラットループ)が設置されています。対応補聴器をお持ちの方は、常時ご利用いただけます。
車椅子で入場できます。
定員は、140名です。(当面の間、人数の制限をさせていただきます。)

教育会館(中央図書館・プラネタリウム)
・車椅子用駐車場 あり 
・エレべーター あり
・車椅子用トイレ あり
・オストメイト対応トイレ あり
・ベビーチェア設置トイレ あり
・ベビーシート あり
・授乳室・授乳スペース あり
・AED あり
・ベビーベッド なし 
・大人用ベッド なし
・音声案内 なし
教育センター外観の画像
教育会館
プラネタリウム内観の画像
プラネタリウム

プラネタリウムの八十八星座画像世界最高クラス1億4000万個の星を映すプラネタリウム

新型コロナウイルス感染拡大防止策に関して

感染拡大防止に向けた当施設の取り組みについて

中央図書館プラネタリウムでは、国・都の要請に伴う世田谷区新型コロナウイルス感染症対策本部の決定に基づき、下記の対策を基本とし、運営してまいります。

  • ご入場時に、非接触体温計で、お客様の検温を実施させていただきます。
  • 当面の間、定員を70名に制限させていただきます。
  • 左右の間隔を空けて座席をご案内いたします。(ご家族等であっても座席が離れます。)
  • 各回投影終了後に、座席等の消毒を行います。
  • ドーム内は、常時、外気を取り入れつつ適切に換気・湿度の調整を行っております。加えて、投影を行っていない時間帯は、出入口のドアを開放いたします。 
  • スタッフは、マスクやフェイスシールド等の着用、こまめな手洗い・手指消毒を行います。
  • コンソール(解説員席)に、ビニールカーテンを設置いたします。

ご来場のお客様へのお願い

  • 来場前に、ご自宅での検温など体調管理にご協力をお願いいたします。
  • 入場時に、非接触体温計で、お客様の検温を実施させていただきます。37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りいたします。
  • 連絡先カードへのご記入をお願いいたします。
  1. 連絡先カードの取り扱い
    東京都感染拡大防止ガイドラインに基づき、中央図書館プラネタリウムにて感染症等の発症が確認された場合の緊急連絡用として、代表者の方のお名前・ご連絡先等のご提出をお願いいたします。
  2. 連絡先カードの記入について
    用紙につきましては当日館内でご記入いただくか、添付ファイル(PDFファイルを開きます連絡先カード)を印刷・記入いただきお持ちください。 
  • マスクの着用をお願いいたします。(乳幼児のお子さまは保護者の方のご判断にお任せいたします。)
  • こまめな手洗い・手指消毒にご協力ください。 (入場時に、消毒液での手指消毒をお願いいたします。)
  • 観覧券の購入や入場の際は、1メートル以上あけての整列にご協力ください。 また、現在、定員を制限しているため、観覧券をグループで購入される場合は、1グループにつき4~5名程度までの購入にご協力お願いします。
  • ドーム内では、お客様同士の大きな声での会話はご遠慮ください。
  • 発熱、せき、くしゃみ、倦怠感等の症状のある方、体調のすぐれない方は観覧をご遠慮ください。

以下の項目に該当するお客様の入場はお断りいたします

感染の疑いがある方

  • 検温を行い、37.5度以上の発熱が確認された方
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方

マスクの着用にご協力いただけない方(乳幼児のお子さまは保護者のご判断にお任せします。)

連絡先カードにご記入いただけない方

投影のご案内

  • 土曜日・日曜日(第3日曜日を除く)
  • 国民の祝日・休日
  • 都民の日(10月1日)
  • 世田谷区立小・中学校の春・夏・冬季休業日(第3日曜日および12月28日~1月4日を除く)

10月の投影日

土曜日・日曜日(16日を除く)・祝・休日

10月の投影日
10月投影日

11月の投影日

土曜日・日曜日(20日を除く)・祝・休日

11月投影日
11月投影日

一般投影投影時間・内容スケジュール

投影日につきましては、上記の各月の投影日をご参照ください。

投影時間は、午前11時~、午後1時30分、午後3時30分~の1日3回投影となります。

各回投影、定員70名。(今後の状況により、変更する場合があります。)

以下の投影スケジュールもあわせてご参照ください(特別投影その他イベントもあります)。

一般投影スケジュール

投影期間(この期間の投影日のみ投影)

ちびっこタイム(幼児~小学校低学年向け)(50分)

一般向け投影(子どもから大人まで)(1時間)

午前11時~ 午後1時30分~ 午後3時30分~

ちびっこタイム

10月1日(土曜日)~11月6日(日曜日)

一般投影

10月1日(土曜日)~10月30日(日曜日)

11月8日の月食を見よう

二人で見たアルビレオ~自分で作った反射望遠鏡~

天の川を巡る旅「銀河鉄道の夜」から

【10月15日(土曜日)は星空CDコンサート】

ちびっこタイム

11月12日(土曜日)~12月27日(火曜日)

一般投影

11月3日(木曜日)~12月27日(火曜日)

火星を見つけよう

新たなる船出~未知への旅立ち~

新たなる船出~未知への旅立ち~

【11月19日(土曜日)、12月17日(土曜日)は星空CDコンサート】

(注意)

  • 観覧券は、当日午前9時から券売機にて販売します。
    詳しくは、一般投影観覧料のご案内をご覧下さい。
  • 投影開始後の入退場はお断りしています。
  • 入場は各投影開始時間の20分前です。

一般投影番組のご案内

ちびっこタイム(約50分)

11月8日の月食を見よう
11月8日の月食を見よう

幼児から小学校低学年のお子様と保護者の方を対象としたラネタリウムの投影です。当日の星空を見たあと、その時期に合わせた星のお話を紹介します。 
今回のテーマは「11月8日の月食を見よう」です。11月8日の月食を、プラネタリウムで見てみましょう。

プログラム一覧
投影期間 テーマ

10月1日(土曜日)~11月6日(日曜日)

11月8日の月食を見よう

11月12日(土曜日)~12月27日(火曜日)

火星を見つけよう

一般向け投影(約1時間)

オリジナルオート番組(現在この番組は投影中です)

前半の星空解説では、当日の夜空に見られる月・惑星・星座を始め、各種の天体現象を紹介します。後半は、プラネタリウムやビデオプロジェクターの映像とダイナミックな音響がコンピューターにより自動演出されます。星や宇宙をテーマにした番組をご覧いただきます。

オリジナル解説番組

前半の星空解説では、当日の夜空に見られる月・惑星・星座を始め、各種の天体現象を紹介します。後半は、プラネタリウムの解説員が、番組テーマに沿って、ライブでお話しします。ドーム一杯に広がる迫力ある全天周デジタル映像や、宇宙の写真、説明図などを交えて紹介します。これまでのオリジナルオート番組とは異なる、新しいスタイルの一般投影をお楽しみください。

一般向け投影の番組内容

二人で見たアルビレオ~自分で作った反射望遠鏡~(オリジナルオート番組

投影期間:令和4年9月3日(土曜日)~令和4年10月30日(日曜日)、午後1時30分~

二人で見たアルビレオ
二人で見たアルビレオ

将来天文学者になりたい直人と、ピアニストになりたい真理子は、同じ小学校に通う6年生です。直人は望遠鏡作りに、真理子はピアノコンクール出場に向けて練習にはげみます。
番組では、夏休みに、それぞれの目標に取り組む二人のドラマがくり広げられます。
また、はくちょう座の二重星アルビレオや、天体望遠鏡の仕組み、歴史についても紹介します。
※平成14年制作
天の川を巡る旅「銀河鉄道の夜」から(字幕付)(オリジナルオート番組

投影期間:令和4年9月3日(土曜日)~令和4年10月30日(日曜日)、午後3時30分~(10月15日は除く)

「銀河鉄道の夜」から
「銀河鉄道の夜」から

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は、少年・ジョバンニとカムパネルラが銀河鉄道に乗り、北天のはくちょう座から南天のみなみじゅうじ座までを、天の川に沿って進む旅の物語です。
番組では、世界最高レベルの星数を誇るプラネタリウムのリアルな天の川で、銀河鉄道の路線をたどります。さらに、宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」を発想したといわれる、花巻のイギリス海岸や、宮守のめがね橋を全天周デジタル映像でご覧いただきます。
※平成22年制作
新たなる船出~未知への旅立ち~(オリジナルオート番組)

投影期間:令和4年11月3日(木曜日)~令和4年12月27日(火曜日)、午後1時30分~、午後3時30分~(11月19日、12月17日は除く)

新たなる船出
新たなる船出
~未知への旅立ち~

「地球や宇宙は、いったいどうなっているのだろうか・・・」大昔から、人類は地球や宇宙に想いをめぐらせてきました。地球は平らだと考えられていた古代から、勇敢な船乗りたちにより地球が丸いことが証明された大航海時代へ・・・、そして、人類は宇宙へ・・・。科学が進歩した現在、私たちが認識できる世界は飛躍的に広がってきています。番組では、人類の地球や宇宙に対する考え方の移り変わりを紹介します。
※平成22年制作

一般投影観覧料(ちびっこタイム・一般向け投影)

個人

一般投影観覧料一覧(個人)
観覧者 観覧料金
おとな(高校生以上) 400円
こども(小学生・中学生) 100円(土曜日・日曜日、祝日、休日は無料)
幼児(小学生未満) 無料

(注意)

  • 無料の場合も観覧券が必要です。
  • 幼児で無料の場合も座席が必要な場合は、観覧券が必要です。(ひざ上の場合は必要ありません。)
  • 現在、定員を制限しているため、観覧券をグループで購入される場合は、1グループにつき4~5名程度までの購入にご協力お願いします。
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。
  • 介助者(当該障害者1名につき1名)は、無料です。
  • 観覧券は、当日午前9時から券売機にて販売します。
  • 観覧券につきましては、購入後の払い戻しはできず、1階受付で発券日に観覧券を提示いただきましたら、振り替え対応とさせていただきます(特別投影は除く)。ご了承ください。 

団体(現在、団体受付を中止しております。)

一般投影観覧料一覧(団体)
観覧者 団体料金
おとな(高校生以上) 320円
こども(小学生・中学生) 80円(土曜日・日曜日、祝日、休日は無料)
幼児(小学生未満) 無料

(注意)

  • 団体料金は(有料対象者が)20名以上の場合となります。
  • 予約申し込みは1か月前の月の初日から、観覧しようとする日の前日までです。
    予約先電話番号03-3429-8791(受付直通)
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。 
  • 介助者(当該障害者1名につき1名)は、無料です。

観覧にあたってのご注意

  • 満席の場合は観覧できませんのでご了承ください。各回先着70名。(今後の状況により、変更する場合があります。)
  • 投影開始時間までにご入場をお願いします。 投影開始後の入退場は、足元が暗く危険ですのでお断りしています。
  • 両替はできませんので、つり銭のないようご用意をお願いします。
  • 観覧券につきましては、購入後の払い戻しはできず、1階受付で発券日に観覧券を提示いただきましたら、振り替え対応とさせていただきます(特別投影は除く)。ご了承ください。
  • 駐車場はありませんので、車でのご来館はご遠慮ください。
  • 未就学のお子様をお連れの方は、周りのお客様にご配慮くださいますようお願いします。
  • 運営に支障があると判断した場合は、退場をお願いすることがあります。

特別投影のご案内

詳細は、各タイトルのリンク先から、または関連リンクからご覧ください。

星空CDコンサート(第2・第3土曜日)

満天の星の下で、CDによる音楽を聴くコンサートです。

コンサートの中では、星空の紹介もお楽しみいただけます。

第2・第3土曜日に投影します。

同じテーマについて、第2土曜日の午後6時30分~と第3土曜日の午後3時30分~の2回投影します。この機会にぜひご覧ください。

開催日
日にち 時間 テーマ
10月8日(土曜日) 午後6時30分~午後7時30分

秋の夜空に響くチェロ

~ヨーヨー・マ特集~

10月15日(土曜日)

午後3時30分~午後4時30分

秋の夜空に響くチェロ

~ヨーヨー・マ特集~

特別投影観覧料

観覧者 観覧料金
おとな(高校生以上) 400円
こども(小学生・中学生) 無料
幼児(小学生未満) 無料
  • 無料の場合も観覧券が必要です。
  • 幼児で無料の場合も座席が必要な場合は、観覧券が必要です。(ひざ上の場合は必要ありません。)
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。
  • 介助者(当該障害者1名につき1名)は、無料です。
  • 観覧券は、当日午前9時から券売機にて販売します。
  • 令和4年4月より、こども(小学生・中学生)の特別投影観覧料(土曜日)は無料になります。

    大人のための星空散歩(毎月第4土曜日)

    高校生以上を対象にした、大人向けの投影です。

    当日の夜空に見られる星空解説の他、星や宇宙などの天文の話題を取り上げてお話しします。

    開催日

    日にち 時間 テーマ

    10月22日(土曜日)

    午後6時30分~午後7時30分

    11月8日の皆既月食

    11月26日(土曜日)

    午後6時30分~午後7時30分

    火星接近

    特別投影観覧料

    観覧者 観覧料金
    おとな(高校生以上) 400円
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。
  • 介助者(当該障害者1名につき1名)は、無料です。
  • 観覧券は、当日午前9時から券売機にて販売します。

天文講座(令和4年9月・令和5年3月開催予定)

開催日

日にち 時間 テーマ
令和4年9月3日(土曜日)

午後6時30分~午後7時30分

小惑星リュウグウの

石の声に耳をすませて

令和5年3月予定

午後6時30分~午後7時30分

未定

特別投影観覧料

観覧者 観覧料金
おとな(高校生以上) 400円
こども(小学生・中学生) 無料
幼児(小学生未満) 無料
  • 無料の場合も観覧券が必要です。
  • 幼児で無料の場合も座席が必要な場合は、観覧券が必要です。(ひざ上の場合は必要ありません。)
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。
  • 介助者(当該障害者1名につき1名)は、無料です。
  • 観覧券は、当日午前9時から券売機にて販売します。
  • 令和4年4月より、こども(小学生・中学生)の特別投影観覧料(土曜日)は無料になります。

その他イベントのご案内

詳細は、各イベントタイトルのリンク先から、または関連リンクからご覧ください。 

天体観望会(年6回開催予定)

プラネタリウムで当日の星空を見学した後、晴天時は屋外で星を観察します。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当日受付時の密集を避けるため、参加方法を事前申し込みといたします。

開催日
日にち 時間 観望天体
10月14日(金曜日) 午後6時~午後7時30分 木星・土星
12月16日(金曜日) 午後6時~午後7時30分 火星・すばる
  • 定員:40名(今後の状況により、変更する場合があります。)
  • 参加方法:往復はがきによる事前申し込み(4名まで連記可、重複申請不可)
  • 応募者多数の場合は抽選
  • 参加費:無料

詳細は、タイトルのリンク先から、または関連リンクからご覧ください。

プラネタリウムコンサート(令和3年度は中止となりました)

天文教室(令和4年7月・8月開催)

区内在住・在学の小学4年生~6年生を対象とし、工作をしながら星や星座、宇宙のことを楽しく勉強するイベントです(事前申し込み制)。

親子天文教室(令和4年7月・8月開催)

区内在住・在学の小学1年生~3年生とその保護者1名を対象とし、親子いっしょに、星や星座、宇宙のことを楽しく勉強するイベントです(事前申し込み制)。 

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷区立中央図書館プラネタリウム

電話番号 03-3429-0780

ファクシミリ 03-3429-0780