食中毒予防 妊娠中に注意が必要な食中毒菌(リステリア菌)について

最終更新日 平成27年4月1日

ページ番号 125222

リステリア菌食中毒に注意しましょう

妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすくなり、赤ちゃんに影響がでることがあります。リステリア菌食中毒の主な原因食品として、ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないもの)、生ハム、スモークサーモンなどがあります。妊娠中は、これらの食品は避けましょう。

リステリアチラシ画像

出典 厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/06.html )

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 食品衛生企画

電話番号 03-5432-2911

ファクシミリ 03-5432-3054