緊急通報システム

最終更新日 平成30年11月1日

ページ番号 30266

自宅に緊急通報用の機器を設置し、家庭内で病気や事故がおきたときに、ペンダント型無線発信機を押すことで民間の受信センターに通報され、協力員、または東京消防庁に連絡します。ただし、協力員はご自分で確保していただきます。

対象

18歳以上のひとり暮らし等の身体障害者(障害の程度が1・2級)、または難病の方。ただし、65歳以上の高齢者の緊急通報システムの対象者となる方は除く。 

費用

無料

お手続きに必要なもの

  • 身体障害者手帳(難病の方は医療券)
  • 印鑑

(注意)前もって原則3名の協力員を決めてください。

お問い合わせ先

各総合支所保健福祉課

(参考)緊急ネット通報について

緊急ネット通報は、音声での119番通報が困難な聴覚障害者の方などが、携帯電話及びスマートフォンからウェブ機能を利用して、東京消防庁に緊急通報を行い、消防車や救急車の要請ができるシステムです。利用には、事前の登録が必要です(無料)。詳しくは東京消防庁までお問い合わせください。

(参考)警視庁110番サイトについて

警視庁110番サイトは、音声での110番通報が困難な聴覚障害者の方などが、携帯電話及びスマートフォンから警視庁に文字による110番通報を行うことができるシステムです。詳しくは警視庁までお問い合わせください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

電話番号 上記お問い合わせ先をご覧下さい

ファクシミリ 上記お問い合わせ先をご覧下さい