宮坂1・2丁目町会・世田谷小学校合同防災訓練を実施しました(経堂地区)

最終更新日 令和元年7月24日

ページ番号 147534

参加者が整列して校庭で開会式の写真
開会式の様子

令和元年6月8日(土曜日)に世田谷小学校と宮坂1・2丁目町会合同で防災訓練が開催されました。

宮坂1・2丁目町会の避難所運営委員をはじめ、児童、教職員、保護者、一般住民の方など約500名が訓練に参加しました。

世田谷小学校は区内の指定避難所です。自宅での生活が困難な場合、または二次災害を受ける可能性のある場合に一時的に受け入れ、生活するための場所です。避難所の開設や運営は宮坂1・2丁目町会の避難所運営委員が行います。

今回の防災訓練は、児童は学年別の防災体験を行い、保護者と一般参加者にも防災訓練にご参加いただきました。

防災体験

児童は学年ごとにわかれ、消火訓練、地震体験訓練、マンホールトイレの組立てなどを行いました。

地震体験車「なまず号」は平成29年11月に買い替えを行い、新しくなりました。新しい地震体験車では、震度2~震度7の地震に加えて、過去に発生した9種類の大地震を再現した「再現地震」、将来発生することが想定される3種類の「想定地震」、緊急地震速報の音を鳴らしてから地震を体感する2種類の「緊急地震速報連動地震」を体験できます。今後も、経堂地区で地震体験車「なまず号」を体験できる機会はありますので、ぜひご体験ください。

机の下で揺れに耐えて訓練している写真
地震体験車「なまず号」
ハンカチで鼻と口を覆って煙の中に入る写真
煙中訓練
小学生が消火器の水を上手に的に当てている写真
消火器訓練
小学生が消防署員にホースを支えてもらいながら火の絵に向かって放水している写真
まちかど防災車で消火訓練
マンホールトイレを組み立てた後、説明を受けている写真
マンホールトイレ組立
災害伝言ダイヤルにメッセージを録音、再生している写真
災害伝言ダイヤル
避難所のプライベートルームに小学生が入っている写真
避難所設営

まち歩き

3年生は宮坂1丁目、2丁目のまち歩きに出発しました。宮坂1・2丁目町会が作成した「みやさか防災マップ」をもとに、災害時に拠点となる場所や井戸水を提供してくれるお宅、公衆電話、街路消火器などを見て回りました。いざという時に、どこに何があるのか、確かめることができました。

世田谷消防署宮の坂出張所では消防隊員からお話を聞き、消防車の中も見せていただきました。

まち歩きで公衆電話の場所を確認している写真
公衆電話の場所を確認
小学生が消防車の中を興味深く見ている写真
世田谷消防署宮の坂出張所
小学生がポンプを見ている写真
災害時井戸水提供の家のポンプ

放水訓練

防災訓練の最後には、宮坂1・2丁目町会と消防団第6分団の消火放水訓練を見学しました。

町会はD級可搬ポンプ、消防団はスタンドパイプを操作し放水しました。可搬消防ポンプは、持ち運びが出来る小型のポンプで、防火水槽などから揚水し、圧力をかけて放水します。消防車が出入りできないような火災現場や消防隊が駆けつけるまでの初期消火として有効です。

防火服で整列している写真
放水訓練開始!
勢いよく放水させている写真
放水中

訓練へのご参加、ご協力ありがとうございました

今回の訓練をきっかけに、今後発生が予想される大規模地震に備えて、家族で避難先や連絡方法について話し合ってみましょう。

お経ちゃん画像
経堂地区キャラクター
お経ちゃん

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 経堂まちづくりセンター

電話番号 03-3420-7197

ファクシミリ 03-5477-7921