令和4年度からの実施に向けた入札制度改革について(素案)

最終更新日 令和3年9月14日

ページ番号 193513

令和4年度からの実施に向けた入札制度改革について(素案)

区では公契約に係る労働者の適正な労働条件の確保などを通じて、地域経済の活性化や区民福祉の増進を図ることを目的として、平成27年4月に世田谷区公契約条例を施行し、より一層の適正な契約の執行に努めてきました。

令和3年2月には、本条例に基づき設置された公契約適正化委員会より、条例の意義の更なる周知及び遵守の徹底が求められること、さらに適正な予定価格や工期設定に努め、ダンピング防止のための制度改革を進めることなどについて答申を受けたところです。

これらを踏まえ、令和4年度からの実施に向けて、工事入札における総合評価方式の改定、公契約条例遵守の徹底への取組み等を盛り込んだ入札制度改革について下記の添付ファイルのとおり素案をまとめましたので、お知らせいたします。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

財務部 経理課 契約係

電話番号 03-5432-2145~2152

ファクシミリ 03-5432-3046