結核発生届の提出(医療機関の方へ)

最終更新日 平成27年3月18日

ページ番号 124215

結核(二類感染症)の発生届は、感染症法第12条により、医師による届出が義務付けられています。結核の診断後は、直ちに、保健所へ「結核発生届」をお出しください

医療機関からの迅速な届出をいただくことにより、保健所の結核対策は円滑に進みます。ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、治療を開始するにあたっては、公費負担制度があります。詳しくは「結核医療公費負担について」をご覧ください。

結核発生届の届出手順(平日午前8時30分~午後5時15分)

1.結核発生届に記入

2.電話連絡 03-5432-2441

  • 世田谷保健所感染症対策課へ電話し、個人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号)を伝えてください。

3.ファクシミリ送信 03-5432-3022

  • 結核発生届の個人情報を隠して世田谷保健所感染症対策課へ送信してください。
    なお、住所を隠すときは、自治体名を残してください。
  • 患者が世田谷区以外にお住まいの場合は、世田谷保健所より患者住所地の管轄保健所へ、発生届を転送します。

休日・時間外の届出

  • 電話連絡は、東京都保健医療情報センター(ひまわり)の医療機関専用電話へ掛けてください。
  • ファクシミリは、世田谷保健所感染症対策課へ送信してください。

結核発生届の様式

東京都のホームページからダウンロードしてください。

idsc.tokyo-eiken.go.jp/survey/kobetsu/新しいウインドウが開きます

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 感染症対策課

電話番号 03-5432-2441

ファクシミリ 03-5432-3022