【(派遣)姉妹都市中学生教育交流】世田谷区の中学生が姉妹都市カナダ・ウィニペグ市を訪問しました

最終更新日 令和元年10月1日

ページ番号 129600

姉妹都市中学生教育交流事業とは

姉妹都市中学生教育交流事業は、国際理解を深め、世田谷区と姉妹都市との友好親善を進めることを目的として、2年に一度、姉妹都市であるカナダ・ウィニペグ市とオーストラリア・バンバリー市との間で隔年で実施しています。
 まず、9月に、世田谷区の中学生が姉妹都市を訪問し、続いて、翌年の1月には、姉妹都市の中学生が世田谷区を訪問します。
 9月の派遣では、世田谷区立中学校から選ばれた中学2年生を代表団として現地へ派遣し、姉妹都市の中学生家庭でのホームステイや学校生活、現地での交流プログラム等に参加します。

※受入事業については、【(受入)姉妹都市中学生教育交流】のページをご覧ください。

世田谷区中学生代表団 ウィニペグ市を訪問

令和元年度は、カナダ・ウィニペグ市との教育交流の年であり、ウィニペグ市への派遣事業は25回目を迎えました。

世田谷区中学生代表団(生徒21名、引率4名)は、令和元年9月12日(木曜日)~9月27日(金曜日)の16日間カナダへ派遣され、9月14日(土曜日)から13日間ウィニペグ市に滞在しました。

世田谷区中学生は、派遣前に、準備会を3回、研修会を5回実施し、カナダについての事前学習や現地で披露するダンスや歌の練習などに取り組みました。

現地滞在中は、ウィニペグ市中学生の家庭にホームステイし、現地の中学校に一緒に登校しながら、日本とカナダの文化の違いを学びました。
 また、カーリングやカヌーなどのアクティビティに挑戦したり、ウィニペグ市長を表敬訪問したりと、様々な活動を通してウィニペグ市中学生との絆を深めました。

歓迎夕食会
歓迎夕食会
学校の授業に参加
学校の授業に参加
お互いの国のレクリエーションで交流
日本とカナダのゲームで交流
ウィニペグ市長表敬訪問
ウィニペグ市長表敬訪問
マニトバミュージアム見学
マニトバミュージアム見学
カーリング体験
カーリング体験
カヌー体験
カヌー体験
活動の振り返り
バノック(先住民の伝統的なパン)を
作りながら活動を振り返り
送別集会でダンスを披露
送別集会でダンスを披露

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

生活文化政策部 国際課

電話番号 03-6304-3439

ファクシミリ 03-6304-3710