船橋地区ミニコミ紙「ちとせ」(第121号を発行しました)

最終更新日 令和3年11月15日

ページ番号 37443

ミニコミ紙「ちとせ」は昭和57年から続く船橋、千歳台の広報誌です。お気軽に船橋まちづくりセンターへお問合せください。

ミニコミ紙「ちとせ」概要

ミニコミ紙「ちとせ」編集委員会では、船橋まちづくりセンター管内の町会・自治会・関係団体から推薦を受けた委員12名が、地域コミュニティの推進を目的に、地域の様々な情報をタイムリーにお知らせするミニコミ紙「ちとせ」を年3回(7月・11月・3月)発行しています。

創刊は、昭和57年5月です。

最新号が出来次第、随時このホームページで掲載していきますので、ぜひご覧ください。

「ちとせ」第121号の掲載内容

第121号の表面では「船橋流の囃子」を特集し、船橋囃子保存会会長の池田さんにお話をお聞きしました。船橋囃子の起源、どのように周辺に広まったのか、活動内容等がまとめられています。また3年ぶりに行われた「歩こう会」や、船橋希望中学校の生徒が制作したパンフレット「世田谷の歩き方」の展示について掲載しています。

裏面では、船橋4丁目住宅自治会の髙木会長による寄稿や、船橋小径の会と青少年船橋地区委員会子どもぶんか村の科学くらぶ・ボランティアくらぶによるセミ穴調査等、まちのできごとをたくさん掲載しています。

このミニコミ紙「ちとせ」で、ぜひ船橋・千歳台のまちを感じてください。

縮刷版ミニコミ紙「ちとせ」

「ちとせ」の創刊号から115号を1冊にまとめた縮刷版を令和2年1月に発行しました。37年分の紙面と共に、編集委員と事務局職員による「座談会」なども収録しています。船橋まちづくりセンターにも閲覧用の縮刷版が置いてありますので、船橋・千歳台の過去と現在をつなぐ史料としてぜひご覧ください。

縮刷版ミニコミ紙「ちとせ」の表紙と100号紙面
縮刷版ミニコミ紙「ちとせ」の表紙と100号紙面

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

砧総合支所 船橋まちづくりセンター

電話番号 03-3482-0341

ファクシミリ 03-5490-7031