食品関係営施設の各種申請・届出一覧

最終更新日 令和2年4月6日

ページ番号 185440

食品関係の営業を開始するには営業許可の取得や届出が必要です。また、許可取得後も変更や廃業などがあった場合は、それぞれ届出が必要です。

詳細はそれぞれのページを参照してください。

新たに食品関係の営業を開始する場合

世田谷区内で飲食店や食品の製造・販売を始める場合には、事前に世田谷保健所で営業許可の取得または営業開始の届出が必要です。食品を取り扱う営業を始める際は、上部リンク先を確認の上、事前に世田谷保健所へ相談してください。

自動車で食品関係の営業を開始する場合

東京都内で自動車(キッチンカー)による、食品の提供・販売をする場合は所管の保健所で事前に営業許可を取得する必要があります。詳細は上部リンク先を確認して下さい。

営業者情報または営業施設に変更があった場合

営業者氏名(法人の場合は会社名)、営業者住所(法人の場合は本社住所)、営業施設の屋号、営業施設の設備などに変更があった場合は、変更届の提出が必要です。なお、状況によっては別の手続きが必要な場合がありますので、詳細は上部リンク先を確認して下さい。

食品衛生責任者を変更した場合

食品衛生責任者を変更した場合は、食品衛生責任者変更届の提出が必要です。詳細は上部リンク先を確認して下さい。

営業施設を廃止等した場合

営業施設の廃業や、営業許可の廃止などがあった場合は、廃業届の提出が必要です。詳細は上部リンク先を確認して下さい。

相続や法人の合併・分割があった場合

前営業者の死亡に伴う相続や、法人の合併・分割があった場合は営業者の地位承継が認められる場合があります。詳細は上部リンク先を確認ください。

生食用かきを取り扱う場合

飲食店や魚介類販売店で生食用かきを取扱う場合は、取扱年度ごとに保健所に届出が必要です。詳細は上部リンク先を確認ください。

ふぐを取り扱う場合

東京都ふぐの取扱規制条例の規定により、飲食店などでふぐを提供するときは、専任の「ふぐ調理師」を置き、「ふぐ取扱所」として認証を受ける必要があります。また、有毒部位が除去された身欠きふぐ等のふぐ加工製品を取扱う際には、保健所に届出が必要です。詳細は上部リンク先を確認ください。

給食の供給を開始する又は届出後の手続き

給食を供給する場合は、営業許可の取得または供給開始の届出が必要です。また、届出後も届出内容に変更があれば変更届の提出が必要です。なお、健康増進法に基づく届出も必要になる場合がありますので、 詳細は上部リンク先を確認ください。

模擬店等を開設する場合

地域の親睦会や納涼会、学校や幼稚園、保育園の学園祭などで飲食物の提供を行う場合、事前に保健所へ模擬店等開設届の提出が必要です。詳細は上部リンク先を確認して下さい。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 食品衛生第1係・食品衛生第2係

電話番号 03-5432-2906(世田谷・玉川地域)、03-5432-2907(北沢・砧・烏山地域)

ファクシミリ 03-5432-3054