ブロック塀等の撤去工事費用に対する助成制度について

最終更新日 令和3年5月6日

ページ番号 161557

ブロック塀等撤去工事助成事業のご案内

災害によるブロック塀等の倒壊被害を防止するため、道路に面した安全性が確認できないブロック塀等について、撤去費用の一部を助成します。

手続きの流れ、必要書類等についてはPDFファイルを開きます申出書類作成の手引きをご覧ください。

ブロック塀等とは?

コンクリートブロック塀、鉄筋コンクリート組立塀(万年塀)、大谷石塀、その他組積造の構造の塀を指します。

既存のブロック塀等の安全点検をお願いいたします。(既存のブロック塀等の安全点検についてはこちらをクリック

制度を利用できる方

  • ブロック塀等の所有者、または 土地所有者(法人は対象外)

(注意事項)

  • 共有の場合、共有者全員の同意が必要です(マンションの管理組合等)。 

助成の対象

つぎの1~6のすべての条件を満たす取組みが対象です。ただし、安全性が確認できるブロック塀等は対象となりません。

  1. ブロック塀、大谷石塀、万年塀、その他組積造の構造であること。
  2. 助成対象の道路に面していること。(詳細は申出書類作成の手引きをご覧ください)
  3. 道路面からの高さが0.8メートルを超えるもの。
  4. 撤去工事前の塀であること。
  5. 家屋の新築、改築等(建築確認申請が必要なもの)及び解体伴わないもの。
  6. 地面よりも上部に存するブロック塀等の全部を取り除く工事であること。

(注意事項)

  • 隣地との境にある塀等は対象外となります。
  • 既に除却したブロック塀等は対象外となります。
  • 助成を受けたいブロック塀等が狭あい道路に面している場合は、対象外となります。

狭あい道路とは、2項道路、位置指定道路、協定通路の現況幅員が4m未満のものをいいます。

助成金額

助成金額は次の表のとおりです。

対象道路に面した塀1mあたりの助成金額
対象道路に面した塀1mあたりの助成金額 5,000円
(通学路沿いの場合) 8,000円

ただし、実際に要した費用(税込)が助成金額よりも少ない場合は、その要した費用を助成の額とします。 

最大で20万円を上限とします。

手続きの流れ

手続きの流れについては申出書類作成の手引き(2ページ)をご覧ください。

(注意事項)

  • 撤去工事前に事前相談、事業申出書等の提出・審査が必要です。
  • 工事は専門の施工業者に依頼してください。区では施工業者の紹介は行っておりません。住宅に関する他の機関の相談窓口ページの「住宅改修業者あっせん制度」をご参考ください。
  • ブロック塀等除却後に、建築基準法に違反した建築物または工作物を設置しないでください。
  • 工事を中止または変更した場合は、速やかに変更届・取下届を提出してください。

事業の申出について

事業申出をされる前に、必ず事前相談をして下さい。現地を確認させていただき、助成対象と認められた場合、事業申出書等をお送りいたします。

書類審査後に、事業承諾通知書をお送りいたしますので、除却工事は事業承諾通知書を受け取った後に着工してください。

その他必要な書類等は、申出書類作成の手引きをご覧ください。

その他関連する制度等

接道部緑化及び屋上緑化等整備事業

接道部に新しく生垣等を作る場合、最大25万円を限度額として植栽費用の実費額を助成しています。

詳しくはこちらをクリック

狭あい道路拡幅整備事業

幅員4m未満の狭あい道路の後退用地・隅切用地について事前協議を行い、区が拡幅整備を行った場合、塀など工作物の撤去費用として1メートルあたり5,000円を助成しています。

詳しくはこちらをクリック

チラシ

PDFファイルを開きますブロック塀等撤去工事助成事業チラシ

申請受付の締め切りについて

本年度耐震化支援事業申請受付の締め切りはこちらです。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進担当

電話番号 03-6432-7177

ファクシミリ 03-6432-7987

所在地 世田谷区玉川1丁目20番1号 二子玉川分庁舎 B棟2階