前立腺がん検診

最終更新日 令和2年7月21日

ページ番号 121631

前立腺がんは、近年の高齢化に伴い死亡者数が増加していると言われていますが、国は死亡率減少効果を判断する証拠が不十分であるとして対策型検診に盛り込んでいません。血液検査(PSA)で、確実にがんに罹患していることがわかるものではありませんが、50歳以上になるとがん発生率が上昇することを踏まえ、一定の年齢以上の男性を対象に、正しい知識の普及と啓発を図り、早期発見・治療に結びつける目的で区独自の検診として実施しています。

(注意) この検診は、国が指針に定める、がんによる区民全体の死亡率を下げる効果が科学的に証明されている「対策型がん検診」とは異なります。区が検診を希望する方に対し、費用の一部を助成する事業です。

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態措置解除後の検診の再開について

令和2年5月25日に緊急事態措置が解除されたことに伴い、感染防止対策等に配慮したうえで、6月1日より検診を再開しました。

※感染防止対策の準備の都合上、実施医療機関によっては再開に時間がかかる場合がありますので、ご予約の際に医療機関にご確認ください。

前立腺がん検診のご案内

対象

60歳以上の世田谷区民の男性の方で過去に世田谷区の前立腺がん検診を1度も受診していない方。

  • 世田谷区が行う検診を受けられるのは生涯に1度となります。
  • 対象年齢は、令和2年4月1日~令和3年3月31日の間に迎える年齢(令和3年3月31日時点での年齢)をさしています。

自己負担金

600円

自己負担金は、受診の際に実施医療機関へお支払いください。

次の方は自己負担金が無料で受診いただけます。

  • 生活保護等受給中の方
  • 平成31年度(令和元年度)住民税非課税世帯の方(平成30年分所得について、世帯全員が非課税の場合)

詳細は下記リンク先をご参照ください。

「住民税非課税世帯の方は、がん検診が無料で受けられます!」

受診期限

令和3年3月31日

受診場所

実施医療機関

下記のPDFファイルを開きます令和2年度 実施医療機関名簿(肺・前立腺・肝炎・ABC)をご参照ください。

(注意)世田谷区が発行する前立腺がん検診の受診票を区内の検診実施医療機関に持参して受診してください。

検査方法

採血による検査(PSA検査)

  • 血液中の前立腺特異抗体(PSA)と呼ばれるたんぱく質の量を調べます。

(補足)特定健診等と同時に受けると、採血が1度で済みます。同時受診を希望される方は、特定健診等を受診される前に前立腺がん検診の受診票をお申し込みください。

申込方法・申込先

世田谷区国民健康保険に加入している、もしくは生活保護を受給している60歳の男性には、特定健診・成人健診の受診票をお送りする際に、前立腺がん検診受診票を同封します。

  • 上記以外の該当者で、過去に区の前立腺がん検診を受けたことのない方は、世田谷区がん検診受付センターへお申し込みください。
  • 特定健診等と同時に受診できますので、同時受診を希望される方は、実施医療機関にお申し出ください。
  • 前立腺がん検診の受診票が必要です。 受診票に必要事項を記入して実施医療機関で受けてください。

申込先

電話またはハガキ、ファクシミリで世田谷区がん検診受付センターへお申し込みください

電話

世田谷区がん検診受付センター 03-6265-7573

ハガキ

世田谷区がん検診受付センター 〒156-0043 世田谷区松原6丁目37番10号

[1] 前立腺がん検診希望 [2] 住所 [3] 氏名(ふりがな) [4] 生年月日 [5] 電話番号を明記してお申し込みください。
内容を確認後、前立腺がん検診受診票等をお送りします。

ファクシミリ

世田谷区がん検診受付センター 03-6265-7559

[1] 前立腺がん検診希望 [2] 住所 [3] 氏名(ふりがな) [4] 生年月日 [5] 電話番号を明記してお申し込みください。
内容を確認後、前立腺がん検診受診票等をお送りします。

インターネット

ウェブ申込のページ」新しいウィンドウでがん検診受付センターのページが開きます。

必要事項を入力してお申し込みください。

健康企画課の窓口でもお申し込みいただけます

世田谷保健所健康企画課(窓口)

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

健康企画課

電話番号 03-5432-2447

ファクシミリ 03-5432-3022