五感で楽しむ梅林等ガイドツアー

最終更新日 令和3年2月12日

ページ番号 151912

五感で楽しむ梅林

羽根木公園の梅林には、花を見て楽しむ、香りを感じる、木肌に触れるなど、五感で楽しむことができるスポットがあります。

梅以外にも楽しめる、梅林の魅力について視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の「五感」をポイントにしてご紹介します。

梅林マップ

視覚

梅の花

羽根木公園の梅林には約60種類の品種が植えられています。それぞれ開花時期が異なるため、12月中旬から3月上旬頃まで、長く楽しむことができます。

梅の開花状況については、時期になると羽根木公園のページに更新されます。

梅林全景
梅林全景
紅冬至
紅冬至
くれはしだれ
くれはしだれ

タラヨウ

梅林の西側通路中腹の茶室に上る右側にタラヨウがあります。タラヨウは、葉の裏面を硬い棒などで傷付けると、しばらくして傷付いた部分だけが黒く残る性質があります。この性質を利用して情報のやり取りをしたことから「ハガキノキ」とう別名があります。

タラヨウはがき
葉に書いた文字
タラヨウ全景
タラヨウ(中央の木)

聴覚

鳥の鳴き声

ウグイスと梅という組み合わせは、よくセットで描かれますが、実は梅の近くによくいる鳥はメジロやヒヨドリです。メジロもウグイスと同様、緑色をしている鳥ですが、目の周りが白いのが特徴です。ウグイスは人のいる前には出てこない鳥で、よく茂みなどの影に隠れていることが多いので、耳を澄ませてみれば、音声ファイルを開きますウグイスの鳴き声(クリックすると音が出ます)が聞こえてくるかもしれません。

ウグイス
ウグイス
メジロ
メジロ
ヒヨドリ
ヒヨドリ

嗅覚

梅の香り

梅の花は甘酸っぱい香りがします。梅の花の香りを嗅いでみましょう。品種によって違いがあるでしょうか。

梅林赤白
満開の紅白梅
豊後(ぶんご)
豊後
藤牡丹しだれ
藤牡丹しだれ
月影
月影
緋の司
緋の司

ロウバイ

梅林北側に、ロウバイがあります。ロウバイは、12月から2月にかけて、梅に似ている

花を咲かせますが、梅の仲間ではありません。ロウバイは甘い良い香りの黄色い花を葉に先立って咲かせます。諸説ありますが、ろう細工のような色艶の、梅に似た花を咲かせるのでロウバイといわれています。

ロウバイ
ロウバイ

クスノキ

梅林の南西側に、梅ヶ丘駅方面の公園出入口があります。公園出入口付近には、クスノキがあります。クスノキは、常緑高木で、葉がつやつやとしています。また、クスノキは防虫剤に使われる樟脳(しょうのう)をとる木として有名です。葉をちぎったり、もんだりするとその香りを嗅ぐことができます。

クスノキ
クスノキ

触覚

ウバメガシ

梅林の北西側にお茶室があります。お茶室周りの西側の生垣にウバメガシが使われています。ウバメガシは常緑の樹木で、葉は鋸のようにトゲトゲしており、厚みがあり硬く、艶々しています。樹木は堅いため、備長炭の原料として使われます。ウバメガシを焼いた備長炭は、組織が密で堅く、最良の炭と言われています。

北側の生垣はカンツバキが使われていますので、違いを比べてみてください。

<注意>ツバキの仲間には、毒針のあるチャドクガが付いていることがありますので、気を付けてください。

ウバメガシ
ウバメガシ生垣
ウバメガシの葉
ウバメガシの葉
カンツバキ生垣
カンツバキ生垣

サルスベリと梅の樹皮

梅林の西側通路の南西側にサルスベリがあります。サルスベリは、猿も木からすべり落ちるほど、樹皮がつるつるとしていることから、サルスベリという名がつきました。夏に元気よく花を咲かせてくれる植物は少ないですが、サルスベリは夏にきれいなピンク色や白色の花を咲かす貴重な植物です。花期が長いことから、百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれます。サルスベリは、樹皮が薄く、表面近くの水分の冷たさが伝わってくることから、触ると少しひんやりとします。

一方で、梅の樹皮は、サルスベリと違い、ガサガサとしています。樹皮内側から新しい皮ができてくるため、直径の小さかった外側の皮はさけて、まためくれてきて、このような状態になります。

サルスベリと梅の樹皮を実際に触ってみて比べてみてください。

サルスベリ全体
サルスベリ
サルスベリ樹皮
サルスベリの樹皮
梅樹皮
梅の樹皮

ニガキ

梅林の西側通路の北西側に、ニガキがあります。漢字で「苦木」と書きます。漢字のとおり、枝を切って口の中に含むと、苦い味がします。主に、薬用植物として利用され、健胃薬として消化不良や胃炎の時に利用されました。

ニガキ
ニガキ

豆知識

鳥媒花について

梅は鳥が花粉を運びます。冬には受粉をしてくれる虫がいないので、鳥にたよっています。このように、鳥類の媒介によって受粉する花のことを、鳥媒花(ちょうばいか)、といいます。冬に咲く花は、鳥媒花が多く、例えばサザンカもその性質の植物です。冬は鳥のエサが少なく、他の花も少ないことから、この時期に花を咲かすことで受粉がしやすいという利点があります。

メジロと梅
梅をついばむメジロ

終わりに

羽根木公園の梅林だけではなく、私達の身の回りには、五感で楽しめるみどりや生きものがたくさんいます。いい花の香りがする、鳥の鳴き声がすると感じたら、是非、ふと立ち止まってその香りを思いっきり吸い込んだり、鳴き声に耳を澄ましたりして楽しんでみてください。

今回ご紹介した五感を実際に体験するためには、葉や枝を傷付けなければならないものもあります。園内の樹木を守るためにも、傷付けることはお控えください。

梅林ガイドツアーの音声案内版CDをご視聴いただけます。

羽根木公園の梅林には、花を見て楽しむ、香りを感じる、木肌に触れるなど、五感で楽しむことができるスポットがあります。

声案内版CDをご視聴いただけます。

羽根木公園を訪れたことのない方にはまるで羽根木公園を散策しているような気分になっていただきたい、また何度も羽根木公園を訪れている方には今まで気付かなかった羽根木公園の魅力を感じてほしいという想いから、「五感でたのしむ梅林ガイドツアー」の音声案内版CDをみどり政策課監修により、「NPO世田谷区視力障害者福祉協会」と「世田谷録音奉仕グループひびき」が作成し、 世田谷区に寄贈いただきました。

音声案内は下記添付ファイルからご視聴できます。

音声案内により、梅林を散策するイメージを膨らまし、羽根木公園の魅力に気付いていた皆さん、梅の花が見頃を迎える春に、羽根木公園へお出かけしませんか。一つ一つのほのかな梅の香りが集まって、甘酸っぱい香りに包まれた梅林が皆さんの訪れを待っています。

このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウインドウが開きます

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

みどり33推進担当部 みどり政策課

電話番号 03-6432-7902

ファクシミリ 03-6432-7989