「防災座談会」を開催しました(代沢地区)

最終更新日 平成30年1月23日

ページ番号 150897

防災座談会

座談会の様子
座談会の様子(1)

代沢地区身近なまちづくり推進協議会の防災安全部会では、毎年1月に防災分野の有識者を講師に迎え、「防災座談会」を開催しています。

平成30年は世田谷区役所の北沢総合支所 地域振興課 地域振興・防災担当係長を囲んで、『最近の災害対策の動向について~区における災害対策~』をテーマに意見交換を行いました。

『最近の災害対策の動向について~区における災害対策~』

世田谷区地域防災計画の修正

平成29年3月に修正が完了した。修正の重点項目は以下のとおり。

  1. 女性の視点の反映
  2. ボランティア受入体制の整備
  3. 避難行動要支援者対策
  4. 地区防災計画・区民等の参画
  5. 食料・水・生活必需品等の確保

避難所運営マニュアル(標準版)の修正

平成30年3月完了予定で修正中。標準版の修正完了後、各指定避難所(区立小中学校等)の運営マニュアルに、その内容を反映させていくことになる。

今後に向けて

座談会の様子
座談会の様子(2)

今回の防災座談会では、自助共助公助のバランスについて自由に意見が交わされました。特に、発災から1週間分の食料、飲料水の備蓄を世田谷区が区民へ推奨していることについては、一般家庭への負担が大きいのではないかという意見が多く、有事の際の公助に期待を寄せていた参加者も、講師の説明から行政の限界を感じている様子でした。

代沢地区には、木造密集地域や消防車が通ることのできない狭い道路が少なくありません。災害の規模によっては、消防機関の到着が遅れることも十分に考えられますが、そのような時に頼りになるのが町会や自治会などのご近所の方たちです。 

防災安全部会のほとんどの委員は各町会の役員を兼務し、震災時には避難所の運営に従事します。今回の座談会では、委員それぞれが地域を守るために積極的に意見交換をする中で、自助共助の大切さを再認識する様子が印象的でした。

主催

代沢地区身近なまちづくり推進協議会・防災安全部会

協力

世田谷区 北沢総合支所 地域振興課

このページについてのお問い合わせ先

北沢総合支所 代沢まちづくりセンター

電話番号 03-3413-0513

ファクシミリ 03-5486-7669