個人番号通知書について

最終更新日 令和2年5月28日

ページ番号 186105

個人番号通知書とは

令和2年5月25日以降に出生届や国外からの転入届等により、新たに個人番号(マイナンバー)が付番された方へ、個人番号が記載された「個人番号通知書」が地方公共団体情報システム機構から簡易書留で住民票の住所に郵送されます。

※令和2年5月24日以前に個人番号が付番されている方には「通知カード」が送付されています。なお、通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。詳しくはこちらをご覧ください。

備考

個人番号通知書は、個人番号(マイナンバー)を証明する書類や本人確認書類としては使用できません。

※氏名、住所等に変更が生じても個人番号通知書の記載変更はできません。

※個人番号通知書の再交付申請はできません。

※マイナンバーカード交付時に個人番号通知書を返納する必要はありません。

個人番号通知書以外での個人番号(マイナンバー)確認方法

個人番号通知書以外で個人番号(マイナンバー)を確認する方法は、以下のとおりです。

・通知カード

※表面記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致していない場合は、個人番号を確認する書類としては使用できません。

マイナンバーカードを申請する(申請からカードの受取りまで1か月から2か月程度かかります。)。

各総合支所くみん窓口、出張所にて、個人番号が記載された住民票の写しまたは住民票記載事項証明書を取得する。

※まちづくりセンターでの取次ぎ発行サービスでは、個人番号が記載された住民票の写しは取得できません。

このページについてのお問い合わせ先

地域行政部 番号制度・マイナンバーカード交付推進担当課

電話番号 03-6413-9481

ファクシミリ 03-6413-9482