海外から郵送で戸籍の証明を申請する方法

最終更新日 令和3年9月17日

ページ番号 38040

日数に余裕をもってご利用ください。

海外から戸籍の証明を申請する場合は下記の方法でお願いします。なお、日本国内に依頼できる親族などがいらっしゃる場合は、その方からの申請をお願いします。請求する戸籍に記載されている方やその父母が請求する場合には委任状は不要です。

下記の『注意事項』もご覧ください。

申請書類の送り先

〒154-8504
東京都世田谷区世田谷4丁目22番33号
世田谷区世田谷総合支所 戸籍係 郵送担当
電話番号03-5432-2829
郵送請求お問い合わせ専用 平日の午前9時~午後5時

お送りいただくもの

1.申請書

専用の郵送請求用申請書、または便せんなどに必要事項を記入してください。

  • 詳しくは添付ファイルの『郵送請求用申請書記入例』をご覧ください。
  • 申請する方の住所・氏名・電話番号(平日昼間に連絡可能なもの)、申請する方と戸籍に載っている方との関係を書いてください。メールアドレスをお持ちの方はアドレスもお願いします。また、日本国内に親族などで連絡できる方がいらっしゃる場合は、その電話番号もお願いします。

2.主な証明書の世田谷区の手数料と送金方法

  • 戸籍全部(個人)事項証明書・戸籍謄本(抄本)1通 450円
  • 除籍全部(個人)事項証明書・除籍謄本(抄本)1通 750円
  • 改製原戸籍謄本(抄本)1通 750円
  • 戸籍の附票の写し・身分証明書・不在籍証明書 1通 300円

なお、使用目的が公的年金の裁定請求などの時は、手数料が無料となる場合があります。詳しくはお問い合せください。

手数料の送金方法

手数料と返信料の合計額を以下の方法で送ってください。なお、銀行で送金しますと高額の換金手数料がかかってしまいますので郵便局から送金してください。

(1)現金書留

海外の郵便局で現金書留を扱っている場合は、現金書留で送付してください。

(2)国際返信切手券 INTERNATIONAL REPLY COUPON(COUPON-REPONSE INTERNATIONALの表示があるもの)

海外の郵便局において購入できるクーポンで、価格は国によって異なります。

日本では1枚につき130円分の郵券との交換となります。手数料と返信料として必要な額を満たす枚数を申請書などと一緒に送付してください。
(例)戸籍謄本1通 450円 返信料 110円 計560円
クーポン5枚(650円分)をお送りください。残額の90円は日本の郵券でお返しします。

(3)手数料と返信料の送付を日本在住の親族や友人に依頼する方法

上記の(1)(2)の方法の取り扱いがない国に在住している場合に手数料と返信料を日本在住の親族や友人に送付していただく方法です。

〇請求するご本人から送付していただく書類

申請書

返信用封筒

本人及び住所確認書類

※申請書の余白に「手数料と返信料は別途、(氏名・住所・連絡先)から送付します。」と明記してください。

〇手数料と返信料を送付していただく方の送付書類

定額小為替

返信料

※便せんなどに「(戸籍証明書の請求者の氏名・住所)が別途申請書を送付します。」と記載し、送付していただく方の氏名と住所を明記してください。

3.返信用封筒

封筒に返信先として申請する方の現住所・氏名を記入してください。

4.本人及び住所確認書類の写し

送付先の外国住所が確認できる公的機関が発行したもののコピー。

(例)運転免許証(表面・裏面をコピー)、在留証明書(表面・裏面をコピー)、健康保険証(保険者番号・記号番号が見えないようにしてコピー)

なお、日本語以外で表記されているものは、和訳文も添付してください。

※郵送による請求の場合、パスポートは現住所が証明の対象とされていないため、本人確認書類にはなりません。

5.代理人(個人)や法人が申請するときの必要書類、原本還付

  1. 代理人(個人)
  • 請求する戸籍に記載のある方やその配偶者、直系尊属・卑属の方が請求する場合は、委任状は必要ありません。
  • 前記以外の方が請求する場合は、委任する方本人が書いた委任状原本の提出が必要です。
  • 身分証明書を本人以外が申請する場合は、家族でも委任状原本の提出が必要です。
  • 代理人の住所地が記載された有効期限内の運転免許証、住民基本台帳カード(写真付き)、個人番号カードや保険証などの写しの提出が必要です。
  1. 法人
  • 作成後3ヶ月以内の代表者の資格証明書の原本の提出が必要です。
  • 現に請求の任に当たる方の有効期限内の運転免許証、住民基本台帳カード(写真付き)、個人番号カードや保険証などの写しの提出が必要です。
  • 法人が代理人として申請する場合は、委任状原本の提出も必要になります。
  • 詳しくは世田谷総合支所戸籍係郵送担当へお問い合わせください。
  1. 委任状や代表者の資格証明書の原本還付について
  • 当該交付請求の権限に限って作成された委任状は、原本還付できません。
  • それ以外の場合で委任状の原本還付を希望する場合は、委任状に「原本還付請求の権限を委任する」旨記載し、委任状の謄本(写し)に「原本と相違ない」旨を記載したものと委任状原本の提出が必要です。
  • 代表者の資格証明書の原本還付を希望する場合は、代表者の資格証明書の謄本(写し)に「原本と相違ない」旨を記載したものと代表者の資格証明書 原本の提出が必要です。

注意事項

  1. 戸籍に記載されている方やその配偶者、直系尊属・卑属以外の方は、
    自分の権利を行使したり義務を果したりするために戸籍の内容を確認する必要があること
    国または地方公共団体の機関に提出する必要があることなどの正当な理由を申請書に詳しく書くことが必要です。申請書の記載例は下記の添付ファイルのダウンロード「郵送請求用申請書(裏面)」をご覧ください。 上記の理由がない場合は、戸籍証明書の申請はできません。
  2. ファクシミリ、電子メールでの申請はできません。必ず郵送でお送りください。 
  3. 偽りその他の不正な手段によって証明書の交付を受けた者は、30万円以下の罰金が科されます。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所戸籍係 郵送担当

電話番号 03-5432-2829(直通)(郵送請求のお問い合わせ専用です。開設時間は平日の午前9時~午後5時となります。)

ファクシミリ 03-5432-3031(ファクシミリ番号はお問い合わせ用です。申請等はファクシミリでは取り扱っていません。)