認知症初期集中支援チーム事業

最終更新日 令和2年4月1日

ページ番号 141136

国は、平成27年1月27日に「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を策定し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりの推進に関する具体的な目標等を公表しました。
その一つである「認知症初期集中支援チームの設置」について、世田谷区では平成25年度に国のモデル事業を導入し、認知症の人や家族への早期対応・早期支援に向けた取り組みを継続しています。

事業概要

認知症(疑い含む)の高齢者や家族を対象に、看護師、医師等の専門職からなる「認知症初期集中支援チーム」が定期的に家庭訪問(6ヶ月程度)し、認知症に関する正しい情報提供や認知症の進行や介護に関する心理的負担の軽減、医療や介護サービスへの円滑な導入を図ることを目指しています。

対象となる方

世田谷区のあんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)が把握している40歳以上の区民で、在宅で生活しており、かつ認知症が疑われる方または認知症の方で以下のA、Bのいずれかの基準に該当する方。

A 医療サービス、介護サービスを受けていない方、または中断している方で以下のいずれかに該当する方

  • 認知症疾患の臨床診断を受けていない方
  • 継続的な医療サービスを受けていない方
  • 適切な介護保険サービスに結びついていない方
  • 診断されたが介護サービスが中断している方

B 医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症の行動・心理症状が顕著なため対応に苦慮している方で、かかりつけ医及びケアマネジャーからの支援要請がある場合

(補足)本事業の利用の相談については、お住まいの地域のあんしんすこやかセンターへお問い合わせください。

主な支援の内容

チーム員が対象者となる方を訪問し、身体生活状況などの確認や総合的評価(アセスメント)を行います。

アセスメントの結果に基づいて、以下の支援を行います。

  • 認知症に関する基本的な情報の提供
  • 認知症の重症度に応じた助言や身体を整えるケア及び生活環境の改善
  • 医療機関の受診や介護保険サービス利用の勧奨
  • 対象者の方及びご家族の心理的サポートとインフォーマルサービス(介護保険以外のサービス)に関する情報提供

問合せ先

世田谷区認知症在宅生活サポートセンター

電話番号 03-6379-4315

ファクシミリ 03-6379-4316

このページについてのお問い合わせ先

介護予防・地域支援課 認知症在宅生活サポート担当

電話番号 03-5432-2954

ファクシミリ 03-5432-3085