3-13 大蔵の四季が溢れ出す妙法寺の境内

最終更新日 令和元年12月10日

ページ番号 133456

第3回地域風景資産選定(平成25年度)
大蔵の四季が溢れ出す妙法寺の境内
大蔵の四季が溢れ出す妙法寺の境内

「寺は寺を取り巻く地域社会と共に生きる」を信念に、地域の参加で管理されている梅・桜・桃・どうだんつつじ、花菖蒲・さぎ草・紅葉など、四季を感じ憩いの時が持てる庭があり、樹齢70年のしだれ桜のライトアップや、二の午祭での児童との交流など、地域に開かれた風景をつくっている。

風景づくり活動のご紹介

この場所では「風景づくり活動団体」が、地域の個性や魅力のある風景を、守り・育て・つくっていく取り組みをしています。

風景づくり活動団体

団体名

妙法寺の風景を守る会

活動目的

妙法寺の一年間を通して活動し、地域に開かれた風景をつくること。

活動内容

正月の初詣、15日お災あげ、2月寒修行、二の午の会、3月桜のライトアップ お茶の接待 、ハスの植替え、鷺草の植替え、バザー(リサイクル)、庭木の手入れ、さつきの展示会
月一回の消防訓練、AEDの講習会、地域の行事に対する協力、俳句の会(月一回) 老人地域の会(年一回) など

活動場所

妙法寺(東京都世田谷区大蔵5丁目12番3号)境内全体。
大蔵石井戸地区においても活動。

団体ホームページアドレス

http://miyouhouji.or.jp

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-5432-2039

ファクシミリ 03-5432-3084