3-12 石井戸(大蔵)の愛宕山

最終更新日 平成26年6月17日

ページ番号 133454

石井戸(大蔵)の愛宕山
石井戸(大蔵)の愛宕山

第3回地域風景資産選定(平成25年度)

国分寺崖線の一角、大蔵の仙川沿いにある豊かなみどりと湧水を有する斜面地は、地元では「愛宕山(あたごやま)」と呼ばれ、この辺りは「石井戸」と呼ばれていた。昔から子どもたちが遊んだ原風景として、今に残る風景をその地名とともに残し、後世に伝えていきたい資産である。

風景づくり活動のご紹介

この場所では「風景づくり活動団体」が、地域の個性や魅力のある風景を、守り・育て・つくっていく取り組みをしています。

風景づくり活動団体

団体名

石井戸会

活動目的

昔からの自然が残る愛宕山の風景や、「石井戸」「愛宕山」という名前を後世に残すこと。

活動内容

愛宕山の今ある風景を残すための自然保護など。

活動場所

大蔵4丁目4番

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-5432-2039

ファクシミリ 03-5432-3084