2-22 成城の桜並木といちょう並木

最終更新日 平成24年8月24日

ページ番号 38409

第2回地域風景資産選定(平成19年度)

成城の桜並木といちょう並木
成城の桜並木とイチョウ並木

成城の桜並木とイチョウ並木は、昭和初期成城学園の学童も参加して植樹された。今や大きく育ち、季節ごとに豊かに表情を変える様子は、成城の象徴的な景観となっている。世田谷百景にも選ばれている。

風景づくり活動のご紹介

この場所では「風景づくり活動団体」が、地域の個性や魅力のある風景を、守り・育て・つくっていく取り組みをしています。

風景づくり活動団体

団体名

法人格 成城自治会

活動目的

桜並木とイチョウ並木を保全すること。

活動内容

  • 桜並木の落葉掃き(街を南北の2チームに分けて年2回実施、明正小学校6年が参加)
  • イチョウ並木の落葉掃き(成城学園のOB会・成城地区成城会で実施)
  • 桜やイチョウを伐採して欲しいという要望が近隣住民からでた際に、行政と相談して対応する

活動場所

成城6丁目、7丁目

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-5432-2039

ファクシミリ 03-5432-3084