金属系ごみの資源化しています

最終更新日 令和3年3月2日

ページ番号 40683

金属系ごみの資源化に取り組んでいます

区では、持続可能な社会の実現に向けて、事業者と連携し、不燃ごみや粗大ごみのうちの金属系ごみ選別して、資源化する取り組みを行っています。

対象となる製品

不燃ごみや粗大ごみから廃棄される金属含有量が高い製品を資源化しております。

資源化できる不燃ごみの例 : フライパンや鍋、小型家電、コード類など

資源化できる粗大ごみ例 : 物干し竿やスチールラックなど

資源化できる金属製品資源化できる金属製品は別の袋でお出しください。

資源化処理の方法

以下の流れで、ごみとして廃棄された金属製品が新たな製品の一部となって再利用されています。

(1) 不燃ごみと粗大ごみを収集します。

(2)危険なごみを除いた上で、金属系ごみと、そうでないごみに手作業で選別します 。

(3)資源化できる金属系ごみは、委託契約している資源化処理事業者へ運び込みます 。

(4)資源化処理事業者は、金属系ごみを大きな機械で細かく破砕します。

(5)破砕したものを鉄・非鉄(アルミ・ステンレス等)・その他(プラスチック等)に分別します。

(6)分別したものは、それぞれリサイクルを行う専門の事業者の工場などに運び込まれます。

(7)その後、いくつかの工程を踏んで鉄・非鉄は、建物を建てるときに使われる材料などに生まれ変わります。

廃棄される金属系ごみの量と資源化にかかる処理費用について

年間で廃棄される金属系ごみの量(令和2年度想定)

  • 不燃ごみと粗大ごみからでる金属系ごみの1か月の量

約150,000キロ(令和3年1月実績)

  • 年間で廃棄される金属系ごみの量

約150,000キロ×12か月=約1,800,000キロ

(注意)

廃棄される金属系ごみの量については、実績から想定して算出しております。

資源化にかかる処理費用

ごみを資源とするためには、費用が発生します。

令和2年度の年間処理費用(想定)

約16,000,000円

埋め立てを減らすため

世田谷区で資源となる金属を取り除いた後の不燃ごみや粗大ごみは、東京二十三区清掃一部事務組合の中間処理施設に搬入し、破砕されます(処理の流れについてはこちら新しいウインドウが開きますをご覧ください)。

焼却ができないものは、東京都の最終処分場新しいウインドウが開きますに埋め立て地に埋め立てられます。

限りある埋め立て地を少しでも長く使えるようにするため、区では、多くの公金を使い、可能な限り、金属系ごみの資源化を実施しています。

いろいろなリサイクルの取り組み

・プラスチックなどの資源のリサイクルはこちらから

・古着のリサイクルはこちらから

・小型家電のリサイクルはこちらから

このページについてのお問い合わせ先

清掃・リサイクル部事業課事業計画担当

電話番号 03-6304-3297

ファクシミリ 03-6304-3341