外国人住民の方へ 平成25年7月8日から外国人住民の方を住民基本台帳ネットワークに記載します

最終更新日 令和2年4月1日

ページ番号 127078

住民票コード通知票を送付します 

平成25年7月8日から住民基本台帳ネットワークに記載されることに伴い、住民票に記載されている外国人の方に「住民票コード」を付番しました。対象となる外国人の方に、7月12日以降、「住民票コード通知票」を送付します。今回住民票コード通知票を送付するのは、平成25年7月5日時点で世田谷区に住民登録のある外国人の方です。

この通知が届いたことにより、手続きいただくことはありません。

住民基本台帳ネットワークシステムとは

  • 住民基本台帳ネットワークシステム(以下、住基ネット)は、住民基本台帳法に基づき、住民の方々の利便性の向上と国及び地方公共団体の効率化を目的に、住民基本台帳の一部の情報をネットワーク化したもので、平成14年8月から始まりました。これに伴い、住民票の項目として住民票コードを追加し、住民票に記載されている方は、全て住基ネットに記載されるようになりました。
  • 外国人住民の方は、平成24年(2012年)7月9日から住民基本台帳制度の対象になったことを受け、平成25年(2013年)7月8日から、日本人と同様に住基ネットに記載しています。

住基ネットの仕組み

  • 全国の市区町村の住民基本台帳と、都道府県、指定情報処理機関(全都道府県が事務処理を委任している機関)を、専用の電気通信回線で結びネットワーク化しています。
  • 市区町村から送られた本人確認情報を、都道府県及び指定情報処理機関が記録・保存しています。送られる本人確認情報は、氏名(通称)、生年月日、性別、住所、住民票コードなどです。

住民票コードとは

  • 住民票コードは、11桁の番号で、他の方と重複しないよう無作為に付番されるものです。
  • 住民票コードを変更することはできますが、番号を選択することはできません。
  • 各種行政手続きの際、申請書や届書に住民票コードの記入を求められることがあります。

住基ネットを利用したサービス

  • 住民票の写しの広域交付
  • 住民基本台帳カードの交付申請
  • 電子証明書の発行(公的個人認証用)住民基本台帳カードの交付後、申請が可能です。
    住民基本台帳カードの交付(または、住民基本台帳カードへの電子証明書の登録)は、平成27年12月22日で終了します。詳しくは、住民基本台帳カードと電子証明書(公的個人認証)の終了についてをご覧ください。

このほか、

  • 住民基本台帳カードをお持ちの方は、転出・転入の手続きが一部簡素化されます。
  • 法令で定められた特定の行政手続きの際に、住基ネットにより必要な確認が行える場合は、住民票の写しの提出を省略できます。(公的年金受給者の現況届など)

くわしくは、「住民票コード通知票」を送付する際に同封する案内文(下記関連リンク先)をご参照下さい。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

地域行政部 住民記録・戸籍課

電話番号 03-5432-2236

ファクシミリ 03-6413-9482