特養、小規模多機能事業所、看護小規模多機能事業所、グループホーム研修費助成

最終更新日 令和2年10月9日

ページ番号 28268

特養、小規模多機能事業所、看護小規模多機能事業所、認知症高齢者グループホーム研修費助成

世田谷区内で運営する介護保険事業所の、人材の安定的確保及びサービスの質の向上を図るため、職員研修費用を助成します。

【更新情報】

令和2年6月17日PDFファイルを開きます令和2年度世田谷区特養等職員研修費助成説明資料を更新しました。

令和2年10月9日 PDFファイルを開きます「令和2年度世田谷区認知症高齢者グループホーム等職員研修費助成≪説明資料≫」を更新しました。

1.対象事業所

世田谷区内で運営する特別養護老人ホーム、小規模多機能型居宅介護事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所、認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)とします。

2.対象経費

対象事業所に勤務する職員を対象とした次の費用とします。

  1. 研修参加費(受講料、テキスト代及び交通費)
  2. 研修実施経費(テキスト代、資料印刷費等)
  3. 報償費(研修講師謝礼)
  4. 代替職員等の手当及び賃金

さらに、コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、対面・集合形式の研修が困難なことを踏まえ、令和2年度に限りオンライン研修にかかる費用も対象とします。

・オンライン研修受講のための通信環境整備・契約費用

・WEB会議システム契約費用、セキュリティ環境整備・契約費用

・オンライン研修受講のためのパソコン・マイク・WEBカメラ等購入費用

・施設内研修用動画作成にかかる費用

3.助成金額(予算の範囲内で、以下の金額が上限)

  1. 特別養護老人ホーム(定員70人以上) 110万円
  2. 特別養護老人ホーム(定員30名以上70人未満) 90万円
  3. 特別養護老人ホーム(定員30名未満)40万円
  4. 小規模多機能型居宅介護事業所 10万円
  5. 看護小規模多機能型居宅介護事業所 10万円 
  6. 認知症高齢者グループホーム 20万円

4.申請受付窓口

高齢福祉課事業担当

〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号 分庁舎3階

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

高齢福祉課事業担当

電話番号 03-5432-2412

ファクシミリ 03-5432-3085