地名の由来(野毛・上野毛・中町)

最終更新日 平成24年8月26日

ページ番号 17066

野毛

「ノゲ」は、「崖(がけ)」を意味する語と言われている。崖をいう地形地名としては、野毛が多く、野木や乃木もそうであろうと言われている。いつからか上野毛・下野毛に分かれた。

明治22年、それまでの奥沢・尾山・等々力・下野毛・上野毛・野良田・用賀・瀬田の8村が合併して玉川村が成立し、下野毛村は玉川村大字下野毛となった。明治45年、府県境界の変更があり、多摩川右岸にあった区域は神奈川県となった。昭和7年、世田谷区成立時に、玉川村大字下野毛飛地字深沢原は、深沢町4丁目に編入され、大字下野毛は玉川野毛町と改称された。昭和44年2月、住居表示の実施に伴う町区域の変更に際して、玉川中町1丁目および玉川上野毛町との間で境界の整理をして、野毛1~3丁目に区画された。

上野毛

古くはひとつの「野毛」といった区域であったと思われる。

明治22年、それまでの奥沢・尾山・等々力・下野毛・上野毛・野良田・用賀・瀬田の8村が合併して玉川村が成立し、上野毛村は玉川村大字上野毛となった。昭和7年、世田谷区成立時に玉川上野毛町となった。昭和44年、住居表示の実施に伴う町区域の変更により、周辺の町との間で境界の整理や一部を編入するなどして、上野毛1~4丁目に区画された。

中町

昔は野良田村と呼ばれる村であった。「野良」は草などが茂っているところを言い、野良を開墾して水田が開かれるなどして、「野良田」と呼ばれるようになったと思われる。明治22年、それまでの奥沢・尾山・等々力・下野毛・上野毛・野良田・用賀・瀬田の8村が合併して玉川村が成立し、野良田村は玉川村大字野良田となった。昭和7年、世田谷区成立時に、玉川村大字野良田は玉川中町1・2丁目となった。昭和44年2月、住居表示の実施に伴う町区域の変更で、周辺の町との間で境界の整理が行われて、中町1~5丁目に区画された。

参考 「世田谷の地名」(世田谷区教育委員会、平成元年3月発行)、「世田谷、町村のおいたち」(世田谷区区長室広報課、昭和57年10月1日発行)

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

玉川総合支所地域振興課計画・相談

電話番号 3702-1134

ファクシミリ 3702-9020

(※注意  掲載内容に関するお問い合わせについては、回答にお時間をいただく場合や他のお問い合わせ先をご案内する場合があります。)