経堂地区普通救命講習会が開催されました。

最終更新日 平成30年12月21日

ページ番号 143365

平成30年11月24日(土曜日)経堂地区会館別館、12月1日(土曜日)別館桜丘ホールにて、経堂地区身近なまちづくり推進協議会安全部会主催で、普通救命講習会が開催されました。

講習会の様子
救命活動の手順や心肺蘇生の仕方などを細かく指導していただきました。
心肺蘇生の練習様子
AEDと心肺蘇生の担当に別れ参加者が協力して実践しました。

東京防災救急協会、世田谷消防署、地域の消防団の指導で、応急手当の説明を受けた後、胸骨圧迫・人工呼吸・AED(自動体外式除細動器)の操作・気道異物除去の実習を行いました。

今年度の普通救命講習会では、一般応募の他、地域の小・中学校のPTA、おやじの会からの参加があり、2日間で合計38名が講習を受けました。また、以前にも救命講習を受けた事のある参加者も多く、技術を身につけようという気持ちが伺えました。

参加者の中には

「実際に体験することが出来て、万が一の際に落ち着いて対処できる自信に繋がりそうです。」

「いざという時に出来るか心配ですが、落ち着いて行動するということが大切だと感じました。」という感想をお持ちの方や実際に現場に居合わせたときに、傷病者の応急手当ができればとの思いで参加されたという方も多くいらっしゃいました。

AEDを持っているお経ちゃん
経堂地区キャラクター
お経ちゃん

来年度も経堂地区では普通救命講習会を開催する予定です。参加者には救命技能認定証が送られます。皆様のご参加をお待ちしております!

主催 経堂地区身近なまちづくり推進協議会 安全部会

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 経堂まちづくりセンター

電話番号 03-3420-7197

ファクシミリ 03-5477-7921