世田谷区立希望丘青少年交流センター(アップス)

最終更新日 令和元年10月15日

ページ番号 164904

施設の概要

所在地東京都世田谷区船橋6-25-1-3F
電話番号03-6304-6915
ファクシミリ03-6304-6916
メールinfo@ups-s.com
公共交通機関バス「朝日新聞社前」から徒歩2分
(経01・経02・梅01・烏51・八01・八02・歳22・歳25)
小田急線千歳船橋駅から徒歩20分
京王線八幡山駅から徒歩20分
開館時間 9時~22時(ただし小学生は18時、中学生は20時まで)
※高校生世代以下の方は、帰宅時間について保護者と相談するなどして利用してください。
休館日 毎月第3火曜日(祝日にあたる場合は直後の平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
施設紹介 多目的ホール、交流スペース、カフェキッチン、多目的スペース、ラウンジ、音楽スタジオ、調理室、学習室、テラス

pos

希望丘青少年交流センター(アップス)の専用ホームページは、こちら新しいウインドウが開きますからご覧ください。

QR

希望丘青少年交流センター(アップス)とは?

1 経緯

これまで、若者が主体的に活動できる場所や、気軽に立ち寄れる居場所、そして、若者たちが地域とつながり、世代を超えた交流を推進する拠点として、「野毛青少年交流センター」と「青少年交流センター池之上青少年会館」の2か所の青少年交流センターを運営してきました。平成31年2月、旧希望丘中学校の跡地を活用した「希望丘複合施設」の開設に併せ、区内3か所目となる青少年交流センターとなる「希望丘青少年交流センター」が開設しました。

2 希望丘青少年交流センターの特長

(1)若者や地域の参加・参画、協働による運営

平成30年2月に、公募による若者(26名)と地域の関係団体の代表者(22名)による「運営準備委員会」を設置し、利用ルールやプログラム、地域ネットワークの構築、施設愛称の公募などの検討を進めてきました。開設後には「運営委員会」として、施設を利用する若者の意見なども積極的に取り入れながら、若者と地域との連携・協力による施設運営の中核を担っています。

(2)愛称

rogo

区民公募による121点の愛称の中から、若者の「高揚や成長、躍進」をイメージするとともに、「一人ひとりにそれぞれのアップがある」、「仲間とともに」、「多世代が交流して」などの願いを込めて、運営準備委員会が選定しました。

(3)キャッチコピー

rogo

“若者が安心して自由に過ごすことのできる居場所づくり”や“若者に社会や地域の一員であることを実感してほしい”、“地域の力が若者の力に。若者の活動が地域の力に”などの願いが込められています。

このページについてのお問い合わせ先

子ども・若者部 若者支援担当課

電話番号 03-5432-2585

ファクシミリ 03-5432-3050