「ゾーン30」について

最終更新日 令和4年2月1日

ページ番号 138179

「ゾーン30」とは

ゾーン30は、生活道路における歩行者や自転車の安全な歩行を確保することを目的とした交通安全対策の一つです。区域(ゾーン)を定めて時速30キロの速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における車の走行速度や通り抜けを抑制します。【警察庁と警視庁のホームページより転載】

「ゾーン30」の概要【警察庁ホームページ】 新しいウインドウが開きます

「ゾーン30」の整備について【警視庁ホームページ】 新しいウインドウが開きます

区内の「ゾーン30」導入区域

区内では、玉川3・4丁目、玉川田園調布1・2丁目、赤堤2丁目、喜多見3・5丁目、弦巻3丁目、代沢1丁目から3丁目、喜多見5・6丁目・大蔵5丁目、野沢3丁目・下馬3丁目、赤堤1丁目、鎌田4丁目・大蔵6丁目、成城2・3丁目、奥沢3丁目から7丁目のそれぞれ一部、上用賀6丁目に「ゾーン30」が導入されています。区域図等は以下よりご覧ください。

【平成25年度導入】

この玉川3・4丁目の導入については、地域の発意に基づく導入例であり、以下のリンク先によりくわしい情報が掲載されていますので、ご覧ください。

PDFファイルを開きます二子玉川の交通安全対策「ゾーン30」

ふたこたまご通信WEB【二子玉川交通環境浄化推進協議会のページ】 新しいウインドウが開きます

【平成26年度導入】

【平成27年度導入】

【平成28年度導入】

【平成29年度導入】

【平成30年度導入】

【令和元年度導入】

【令和2年度導入】

【令和3年度導入】

【世田谷区内全体図】

このページについてのお問い合わせ先

土木部 交通安全自転車課

電話番号 03-6432-7966

ファクシミリ 03-6432-7996