世田谷区情報のユニバーサルデザインガイドライン

最終更新日 令和3年3月31日

ページ番号 146074

情報のユニバーサルデザインガイドライン(表紙)
情報のユニバーサルデザインガイドライン(表紙)

世田谷区では、区民や来訪者へ向けてわかりやすい情報を提供できるように、平成4年に「やさしいまちづくりデザインノート公共サイン編」、平成5年に「やさしいまちづくりデザインノート 建築編」、平成18 年に「世田谷区視覚情報のユニバーサルデザインガイドライン」を作成してきました。

その後、情報技術の進展や多様化、障害者差別解消法の施行等を踏まえ、平成28年4月に「世田谷区情報のユニバーサルデザインガイドライン」を作成し、わかりやすいデザインと考え方のより一層の普及に向けて令和3年3月に改訂しました。

このガイドラインは、印刷物やサイン等を作成する区職員向けに作成していますが、区民や事業者の方々がユニバーサルデザインによる情報発信のための参考資料としても活用できるように、1章から4章は主に考え方をまとめ、具体的な仕様などは5章に「視覚障害者の案内・誘導」、6章に「聴覚障害者の情報のユニバーサルデザイン対応」、7章に「実践するにあたって」としてまとめています。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-6432-7152

ファクシミリ 03-6432-7996