3-06 豪徳寺参道の松並木

最終更新日 令和元年12月11日

ページ番号 133443

第3回地域風景資産選定(平成25年度)

豪徳寺参道の松並木
豪徳寺参道の松並木

世田谷城主吉良氏の創建で、江戸時代には彦根藩井伊家の菩提寺となった豪徳寺は、井伊直弼の墓や、招き猫の寺としても世田谷の観光資源の1つである。松の巨木がつくりだす、トンネルの様な参道の並木は、豪徳寺と一体となって風格のある風景を生み出している。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-6432-7151

ファクシミリ 03-6432-7996