1-02 双子の給水塔の聳え立つ風景

最終更新日 平成24年8月24日

ページ番号 38419

双子の給水塔の聳え立つ風景
双子の給水塔の聳え立つ風景

第1回地域風景資産選定(平成14年度)

大正13年3月に当時の渋谷町の水道供給施設として竣工した。現在は、非常時用の応急給水槽として機能している。洋風の装飾等の意匠が施されており、当時を物語る建造物である。

せたがや百景にも選ばれている(No.25駒沢給水所の給水塔)。

風景づくり活動のご紹介

この場所では「風景づくり活動団体」が、地域の個性や魅力のある風景を、守り・育て・つくっていく取り組みをしています。

風景づくり活動団体

団体名

駒沢給水塔風景資産保存会

活動目的

駒沢給水塔を、風景も含めて保存すること。
駒沢給水塔は、東京水道近代化の貴重な歴史遺産であるとの認識のもと、さらに活動目的・範囲を広げていく。

活動内容

  • 会報の発行(年4回)。
  • 幹事会(毎月1回)。
  • 定期総会での活動報告、決算、次年度の活動計画と予算の決定。
  • 毎年10月1日(都民の日)に定期見学会を実施。
  • 周辺地域の小学校に対して構内見学会、写生会を行い学習への協力をする。
  • 写真展の開催。
  • 周辺の各町会と必要に応じて活動等。
  • 地域の行事に参加(小泉公園フェスタ等)。

活動場所

区内全域

団体ホームページアドレス

setagaya.kir.jp/koma-q/新しいウインドウが開きます

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市デザイン課

電話番号 03-5432-2039

ファクシミリ 03-5432-3084