成城消防団第七分団

最終更新日 平成31年3月18日

ページ番号 141179

成城消防団第七分団の紹介

消防団は、本業を持ちながら「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神のもと、地域の安心安全を守るため、社会に貢献する消防機関です。 

成城消防団第七分団は、上祖師谷1~7丁目内を受け持ち区域としています。昭和30年12月1日に成城消防団第二分団として発足し、昭和51年1月1日をもって第二分団から分離し、第七分団として増設され現在に至っています。

(補足)なお、粕谷1~4丁目は成城消防団第三分団が担当しています。

火事に気を付けましょう!!

3月1日(金曜日)から3月7日(木曜日)まで実施された「平成31年春の火災予防運動」が終わりました。

しかし、この期間が終わったからと言って、火災はもう発生しないと 安心していただけるものではありません。

東京消防庁管内では、住宅火災による死者は減っておらず、特に高齢者の割合は高いままです。

また、一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯で多く発生しているのが気になるところです。

グラフ
グラフ
グラフ

死者の数を出火原因別で見ると、過去5年連続して「たばこ」が圧倒的に多いことが分かります

グラフ
グラフ

「たばこ」と、その次に多い「ストーブ」の 各出火原因の特徴を見ると、「たばこ」では 「火源が落下する」火災で、「ストーブ」では 7割以上が 「電気ストーブ」を発火源とした火災で 亡くなられた方が多いことが分かっています。

( データはすべて東京消防庁 )

日頃からご近所で声をかけあい、出火原因を防ぎ、いざという時にも素早い行動がむつかしいご高齢の方などに気配りする。

そういった環境づくりに 引き続きご協力をお願いいたします。

成城消防団第7分団

このページについてのお問い合わせ先

烏山総合支所 上祖師谷まちづくりセンター

電話番号 03-3305-8611

ファクシミリ 03-5384-7196