成城地区区民防災会議

最終更新日 令和元年7月1日

ページ番号 127569

成城地区区民防災会議は、このまちから大災害発生時にひとりの犠牲者も出さないよう、地区で活動する団体を核として、地区防災力の向上に取り組んでいます。

委員は、主に自治会員や日赤分団員、学校長、PTA、消防署員等で構成されています。

令和元年度 成城地区区民防災会議委員 35名

いざというときは、住民相互の助け合いが不可欠です。まずは、「9月1日、3月11日の安否確認標識訓練」でご近所とのつながりを強くしてください。よろしくお願いいたします。

令和元年度の主な活動(予定を含む)

1.地区防災計画の推進

成城地区では、成城地区区民防災会議が提案し、世田谷区地域防災計画における地区防災計画に位置づけられた「成城地区防災計画」によって、地区防災力の向上への取組みが行われています。詳しくは、以下の添付ファイルをご覧ください。

PDFファイルを開きます成城地区防災計画(課題と取組み)

テキストファイルを開きます成城地区防災計画(課題と取組み)

PDFファイルを開きます成城地区防災計画(大災害発生時住民行動マニュアル)

テキストファイルを開きます成城地区防災計画(大災害発生時住民行動マニュアル)

2.防災塾(防災講座)

防災講座「家族を守る防災」の様子
防災塾(平成30年度)

年1回開催する防災塾(防災講座)では、講師の方をお招きし、家庭で出来る災害対策等について学んでいます。平成30年度は「家族を守る防災」をテーマとして9月に実施し、好評を博しました。

令和元年度は、区民防災会議委員および避難所運営委員を対象に実施予定です。委員以外の皆様にご参加いただける形式での開催時には、自治会回覧・区広報板等でお知らせいたします。お気軽にご参加ください。

3.普通救命講習会

普通救命講習会の様子
普通救命講習会(平成30年度)

年1回、成城消防署の一室をお借りして、普通救命講習会を開催しています。心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)操作法、止血法を学びます。修了者には後日、救命技能認定証が交付されます(3年間有効)。災害時はもちろん、日常の「もしも」のときにも、お互いの命を助け合うことができるまちづくりを目指しています。

開催時には、自治会回覧・区広報板等でお知らせいたします。お気軽にご参加ください。

※事前申込制(平成30年度は2月実施)

4.避難所運営訓練(参加)

成城地区には、災害時用の避難所となる学校が3校(砧中学校・明正小学校・千歳小学校)あり、各校で近隣住民と学校職員による避難所運営委員会が組織されています。年1回程度、地域住民参加型の避難所開設・運営訓練を行っています。防災会議の委員も、自分の避難所以外の訓練にも積極的に参加し、知識や経験を蓄えています。

令和元年度訓練日程(予定)

  • 明正小学校:9月14日
  • 砧中学校:10月12日
  • 千歳小学校:11月30日
明正小訓練:間仕切り組み立て
明正小 間仕切り組み立て
砧中訓練:簡易トイレ設営
砧中 簡易トイレ設営
千歳小訓練:ミニチュア家具を用いた地震体験
千歳小 模型による地震体験

※写真は平成30年度の様子です。訓練内容は変更される場合があります。

災害時に身を守るために

いつ起こるか分からない大地震。最低限、命に直結する備えだけは怠らないようにしましょう。

最低限行うべき備えを「地震の前、直後、事後」に分けて分かりやすくご案内します。

1.地震の前

家具転倒防止を行いましょう

大地震のときに家具が固定されていないと、転倒により大きな怪我をする危険があります。下敷きになって亡くなる人もいるほど、普段の家具は凶器に変わるのです。寝室で、固定されていないタンスの横に寝ているということはありませんか?

ここで、ぜひご利用いただきたいのが、区の「家具転倒防止器具の取り付け支援制度」です(詳しくはこちら)。

満65歳以上の方、身体障害者、要介護者等の方がお住まいの世帯の皆様は、2万円までの取り付けならば自己負担はありません。区の指定の業者が取り付けします。ぜひご利用ください(ただし、念入りな転倒防止をご希望の場合、2万円を超える部分はご負担ください)。

この制度についてのお問い合わせは、耐震促進担当(03-5432-2468)までお願いいたします。パンフレットは砧総合支所3階・成城まちづくりセンターで配布しています。

そのほか、助成制度に該当しない世帯の方には、区であっせん販売を行っています(詳しくはこちら)。

ホームセンターやインターネット等でも様々な製品が販売されていますので、ぜひご検討ください。

在宅避難生活に備え、日常備蓄を進めましょう

大地震の際には流通が滞り、物が手に入りません。水道も断水する恐れがあり、物資の配給が始まるまでにも日数がかかります。そのため、ご自宅で食料と飲料水を備えておくことが大切です。

ご自宅の状況を点検してみましょう。もし今、地震で何も手に入らなければ、何日間生活できますか? 備蓄は最低3日分、推奨は7日~10日分です。特に夏場は飲料水がないと大変です。ペットボトルでの備蓄をおすすめします。

どんな備蓄をするべきかは、東京都が全戸配布した「東京防災」新しいウインドウが開きますをご覧ください。

2.地震の直後

安否確認標識が命を救う(成城地区の方)

安否確認標識(OKとSOS)
安否確認標識(OKとSOS)

犠牲になる方をなくすためには、ご近所の安否確認とすみやかな救出救助が重要です。

無事なときに安否確認標識の「無事OK」を出せば、ご近所の方は標識の出ていない家から安否確認・救出救助に向かいます。人の命を救うためには、時間のロスは許されません。自宅が安全なときは、挟まれて動けない他の人のために緑のOK表示を掲出してください。

あわせて、ご自分が無事なときは、緑の表示が出ていない家にお声かけください。あなたの一声が命を救います。訓練を通じてご近所のつながりが強まれば、より心強いですね。ぜひ活動にご協力をお願いいたします。

安否確認標識がない方は、成城自治会事務所成城まちづくりセンターまでお越しください(成城地区にお住まいの皆様にお渡ししています)。 

3.事後対策

家に住めなくなったときのための避難所

地震などで家に住めなくなってしまったときは、一時的に小中学校等に開設される「避難所」で生活することになる可能性があります。成城地区の指定避難所は、次の3校です。

  • 砧中学校 (成城1~2丁目の方)
  • 明正小学校 (成城3~6丁目、喜多見8~9丁目の方)
  • 千歳小学校 (成城7~9丁目、祖師谷5丁目6~15番・37~48番、上祖師谷4丁目2番の方)

避難所訓練は毎年1回程度、各校で行われています。ぜひ避難所体験にご参加ください。

訓練や実践的なマニュアル作りを行う避難所運営委員も募集しています。関心のある方は成城まちづくりセンター(03-3482-1348)までご連絡ください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

砧総合支所 成城まちづくりセンター

電話番号 03-3482-1348

ファクシミリ 03-3482-7208